最新ランキングをチェックしよう
木枯らし吹き渡る初冬の空に映える「なり木の木守り」とは?七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」

木枯らし吹き渡る初冬の空に映える「なり木の木守り」とは?七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」

  • tenki.jp
  • 更新日:2017/11/12

11月12日より、立冬次候「地始凍(ちはじめてこおる)」となります。地が凍りはじめる、つまり霜が降りはじめる時期という意味。暦上はもはや冬。木々の葉も順次色づいて落ち葉が積もり、次第に冬の足音が近づいてきます。そんな晩秋から初頭のこの時期、目立つ果樹と言えば柿。庭木や道端、公園などによく見かける柿の木ですが、まるで忘れ去られたように一つ二つ、熟柿が枝先にぶら下がっているのを見かけることがあります。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
子連れママに厳しい人って何なの? 他人にはもっと真心をもって接して欲しい
ベトナムで1000年に一度の美女が発掘される!本当に美人すぎ
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
「300万円を2年で10億にした」投資テク
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加