最新ランキングをチェックしよう
年を重ねても決断せずに生きることを許される。脚本家・向井康介が描く「東京の恋愛」

年を重ねても決断せずに生きることを許される。脚本家・向井康介が描く「東京の恋愛」

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2018/09/24

『リンダリンダリンダ』『もらとりあむタマ子』といった山下敦弘監督とコンビを組んだ作品で知られ、映画『聖の青春』『ピース オブ ケイク』などの脚本も手がけてきた向井康介。彼が初となる長編小説『猫は笑ってくれない』(ポプラ社)を発表した。インタビューの後編では、「どれも自分の作品と感じにくい」映画の脚本家の立場の難しさや、ずるすると生きることが許される「東京の恋愛」について聞いた。
前編はこちら
『猫

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水沢アリー、ボディラインくっきりドレスで映画『アリー』イベント登場
ローラ、ブラッドリー・クーパーの優しさに触れ「ジェントルマン」
「SAO」伊藤監督、野﨑まど脚本 劇場アニメ『HELLO WORLD』2019年公開
玉木宏「5時間近い映画だと思って観てほしい」『連続ドラマW 盗まれた顔』
『SSSS.GRIDMAN』がえぐり出す“平成特撮に黙殺された嘘“と『大日本人』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加