サニブラウン可能性の大きさ感じた/伊東浩司氏語る

サニブラウン可能性の大きさ感じた/伊東浩司氏語る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

男子200メートル準決勝2組、20秒43の2着で決勝進出を決めたサニブラウン(撮影・河野匠)

<陸上:世界選手権>◇9日◇ロンドン◇男子200メートル準決勝

サニブラウンが数多くの日本のスプリンターがはね返されてきた舞台でも力を出せるのは、ユース世代で世界を経験しているのが大きい。オランダで外国人選手と一緒に練習する日常で、場慣れしているのも強みだろう。日本選手権の100メートルからスピードに自信を付けている部分もある。今回はあらためて可能性の大きさを感じた。コーナーの曲がりはやはりスケールが大きい。大きなストライドもいい走りだった。準決勝で2着に入ったことに何の違和感もない。

雨の中でもしっかりと準備をしてレースに臨むという一貫したレイダー・コーチの指導法もすばらしい。日本人は雨をよけて、いろいろなことを考えますけれども、そういうところはすごいと感じた。

ボルトの記録を抜いていった。サニブラウンは、ボルトを超える「世界記録を出したい」と目標にしているが、それがこの先、本当に現実に近づく期待が持てる第1歩ではないかと思う。(日本陸連強化委員長)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
亡くなった受給者の年金は誰が貰う?「未支給年金」の受け取り方
ビッグダディのAVデビューでお蔵入りしそうなあの人気番組
宮迫・斉藤由貴だけじゃない!不倫疑惑の“常連さん”6人
ピース綾部、報じられない深刻な現状
ガチでヤバい奴......トレンディエンジェル・たかしの「セクハラ」が犯罪レベル!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加