最新ランキングをチェックしよう
バンドメンバーが全員死んだ“ラモーンズの呪い”とは? 黒づくめの男が雷鳴とともに“死の宣告”をしていた!

バンドメンバーが全員死んだ“ラモーンズの呪い”とは? 黒づくめの男が雷鳴とともに“死の宣告”をしていた!

  • TOCANA
  • 更新日:2017/08/23

ラモーンズは1974年にニューヨークで結成、14枚のアルバムを残して、1996年に解散した伝説のパンクロックバンドだ。薄汚れた黒革のバイカージャケットに強面の4人組。一種独特な悪のオーラを放ちながら、40代の若さで音楽シーンから引退した。パンクバンドとしては長寿だったが、幕引きは実にあっさりしたものだった。だが、ストーリーには続きがある。オリジナル・メンバーは全員、すでに死亡しているのだ。人呼んで

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヒロミ、アンチが多いのにテレビ番組に出ずっぱりの理由
藤田ニコル「元彼にチャラい事されて、ボロボロに...」
おぎやはぎ・矢作兼、RaMuのノーパンノーブラ話に「いいなー!」
高橋一生、月9『民衆の敵』大爆死のウラで......あのヒット連ドラのオファーを蹴っていた!?
米倉涼子『ドクターX』のココが“ありえない”。高須院長がズバリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加