「ものづくり大国」ドイツ人の8割が中国製を評価―中国紙

「ものづくり大国」ドイツ人の8割が中国製を評価―中国紙

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/10/12
No image

「ものづくり大国」ドイツ人の8割が中国製を評価―中国紙

11日、「メード・イン・ジャーマニー」は「高品質」の代名詞であり、「メード・イン・チャイナ」は「パクリ」とされた時代はもはや過去のものになったようだ。資料写真。

2017年10月11日、中国紙・環球時報は、「メード・イン・ジャーマニー」は「高品質」の代名詞であり、「メード・イン・チャイナ」は「パクリ」とされた時代はもはや過去のものになったと伝えている。

ドイツメディアによると、ドイツ品質協会(DGQ)が市場調査機関のInnofactと共同で行った消費者アンケートで、回答者の82%がドイツ企業の競争相手として中国を評価したという。また回答者の54%は、進歩を続ける中国発のライバルが将来的にドイツブランドやドイツ企業のイノベーション能力を上回る可能性があると考えていることも分かった。

特に回答者の多くが、「デジタル化」と「情報技術」の分野で中国を高く評価しており、64%は中国がこうした分野ですでにドイツを追い抜いているとの認識を示したという。

また回答者の4分の3が、20年後に中国製品の品質がさらに向上していると答えたのに対し、ドイツ製品について同様の認識を示した人は51%だったという。

中国は、高い競争力を持つ製造強国を目指す「中国製造2025(メード・イン・チャイナ2025)」キャンペーンを進めている。記事によると、DGQの関係者は「2025年までに中国経済の計画的な発展がドイツにとって難しい課題となることは間違いない」と述べたという。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【君の名は】中国の田舎に隕石落下 → 『君の名は。』とほぼ同日同時刻! 落ち方も酷似と話題 「誰か入れ替わってないか!?」「この事実に震えた」
フランス人が指摘した「日本人と中国人の見分け方」に、我々は赤面せざるを得ない=中国報道
【衆院選】選挙結果、私はこう見た「日本の守り固める態勢取りやすく」と東海大学の山田吉彦教授
「中国人ですか?」「いえ、日本人です」「えっ」=ギリシャのワイナリーでの出来事―中国メディア
マレーシアの建設現場で土砂崩れ、11人死亡

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加