最新ランキングをチェックしよう
世界的アートに“足りないモノ”とは?臓器提供を呼びかけるウィットに富んだプリント広告

世界的アートに“足りないモノ”とは?臓器提供を呼びかけるウィットに富んだプリント広告

  • AdGang
  • 更新日:2017/12/07

Case: The Missing Piece
イタリア臓器提供者協会(AIDO)が制作した、臓器提供を呼びかける思わずハッとさせられるプリント広告をご紹介。
誰もがよく知る絵画をモチーフにした3つの作品は、それぞれ“足りないもの”を補うクリエイティブとなっています。
・ゴッホの自画像

心身を病んだ晩年、自らの耳を切り落としてしまったゴッホ。彼の代表作である自画像に、新しい耳をあてがっています。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
絵の中に何が見える?最初に見えたものであなたの性格がわかるらしい!
佐々木希を夜の浅草に連れ出したら、神々しいまでに可愛くて辛くなった
油断禁物。確定申告しておかないとあとで痛い目にあう3パターン
より強い人間になるためにオオカミから学べる12の特性
浮気を“された妻”は後を絶たない。友人が見つけた、腹立たしい夫の浮気の痕跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加