最新ランキングをチェックしよう
世界的アートに“足りないモノ”とは?臓器提供を呼びかけるウィットに富んだプリント広告

世界的アートに“足りないモノ”とは?臓器提供を呼びかけるウィットに富んだプリント広告

  • AdGang
  • 更新日:2017/12/07

Case: The Missing Piece
イタリア臓器提供者協会(AIDO)が制作した、臓器提供を呼びかける思わずハッとさせられるプリント広告をご紹介。
誰もがよく知る絵画をモチーフにした3つの作品は、それぞれ“足りないもの”を補うクリエイティブとなっています。
・ゴッホの自画像

心身を病んだ晩年、自らの耳を切り落としてしまったゴッホ。彼の代表作である自画像に、新しい耳をあてがっています。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」
1億年かけてできた中国の観光名所、女性が立ち入り禁止エリアで記念撮影
「NO~映画泥棒!」完コピ動画が「クオリティ高すぎ」 生みの親も「すげー!!」
英メディアが「世界7大陸のナンバーワンDF」を発表! アジアからは日本代表戦士を選出!
牛丼並が一番高い吉野家に、松屋とすき家から客が流入している理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加