32年分の高画質な地球タイムラプス 「Google Earth タイムラプス」がアップデート

  • ITmedia
  • 更新日:2016/12/01

米Googleは11月30日、地表を捉えた衛星写真をタイムラプス動画として楽しめる「Google Earth タイムラプス」のアップデートを行ったと公式ブログで発表した。4年分の画像や1ペタバイト(=1024テラバイト)の新しいデータなどを追加することで「地球をより鮮明に、正確な色で、乱れのない画像」で表示できるという。

大連遼寧、中国(ランドサット/コペルニクス)

全体で計500万枚以上の衛星画像(約4ペタバイト)を利用。1984年から2016年まで計32年分の衛星写真が1年ごとにコマ送りで再生され、ユーザーはGoogleマップのように地図をスクロールや拡大縮小しながら地表の変化を見られる。

新しいタイムラプスは、Earth EngineのWebサイトか、デスクトップ版のGoogle Earth内にある「過去のイメージの表示」から確認できる。さらに、YouTubeのGoolge公式チャンネルでは、動画バージョンも確認できる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電力いらず。身近な液体を使った新たなコミュニケーション機器とは?
モバイルにおけるクラウドストレージのシェアが判明、他を圧倒するダントツなサービスは?
カセットテープからSDカード&USBメモリに録音OK!東芝、CDラジオカセットレコーダー発売へ
JVC、カジュアルなWOODイヤホン「HA-FW7」 - ハイレゾ対応
このメガネ、ヘッドホンなんです...骨電動ユニットを内蔵した「Vue」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加