錦織ら全豪OPにエントリー

錦織ら全豪OPにエントリー

  • tennis365
  • 更新日:2017/12/07
No image

2017年全豪OP時の錦織圭 : 画像提供 ゲッティ イメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は6日、男子シングルスのエントリーリストを発表した。

日本勢では、2012・2015・2016年にベスト8へ進出した錦織圭杉田祐一ダニエル太郎西岡良仁がエントリー。

西岡は今年3月に世界ランク58位を記録したが、左脚の前十字靭帯断裂により休養へ入った。現在は年始のチャレンジャー大会からの復帰を目指しており、全豪オープンには半年以上けがなどでツアーから離脱した選手に適用されるプロテクト・ランキングでエントリーしている。

その他では世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)、2017年覇者のR・フェデラー(スイス)G・ディミトロフ(ブルガリア)A・ズベレフ(ドイツ)らトップが出場を表明。

また、けがからの復帰を目指すN・ジョコビッチ(セルビア)A・マレー(英国)S・ワウリンカ(スイス)らも参戦予定。

全豪オープンの予選は2018年1月10日から、本戦は15日に開幕する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アルマグロ あきやま病院と契約
錦織 12時間32分45秒で8位
カナダでテニス界の世代交代
英国トップのジョハナ・コンタがシャラポワの元コーチとタッグ
ナダル、フェデラーが再度席巻すると期待。ヒューイットが「全豪オープン」の展望を語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加