卓球・丹羽「開催祈り、今できることを積み重ねる」

卓球・丹羽「開催祈り、今できることを積み重ねる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/03/26
No image

卓球男子の丹羽孝希(19年11月6日撮影)

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの延期決定から一夜明けた25日、東京五輪出場を目指す北海道内関連の有力選手、関係者が心境を明かした。

卓球男子シングルスで代表に選出されている苫小牧市出身の丹羽孝希(25=スヴェンソン)は、所属先のホームページでコメントを発表した。「世界中のアスリートと戦うことができるオリンピック開催を祈り、自分に今できることを積み重ねて参ります」と心境をつづった。1月の世界ランキングで日本人上位2人以内に入り、北海道関係選手では第1号の東京五輪代表だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マレーの現状をコーチ明かす
試合中に乱入したまさかの動物に、選手も思わず自撮り【2017年マイアミ珍場面】
ディミトロフ 故郷病院に寄付
ナダルがジョコビッチへ感謝
ナダル「今日から変わる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加