宮崎県で24時間雨量が368.5mmに到達 台風接近前から大雨に警戒を

宮崎県で24時間雨量が368.5mmに到達 台風接近前から大雨に警戒を

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/09/16
No image

2017/09/16 09:07 ウェザーニュース

台風18号は東シナ海をゆっくりと東に移動しています。西日本には秋雨前線が停滞。台風から湿った暖かい空気が送り込まれて雨雲が発達し、宮崎県では台風接近前から既に大雨になっています。16日8時時点で、宮崎県宮崎市の田野町の24時間雨量は368.5mmに到達。宮崎市からは道路冠水の報告が寄せられています。

台風接近前から強雨・大雨に警戒

宮崎県や高知県、紀伊半島の南部では海から発達した雨雲が流れ込み続けて台風が接近する前から大雨になる恐れがあります。明日17日は台風が接近、通過して更に雨量がかさむ恐れがあるので、大雨に厳重な警戒が必要です。荒天の間は急ぎでない外出を極力控えてください。自治体からの避難情報にも要注意。避難する場合は明るいうちに複数人数で行動するようにしてください

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
八王子で作業員“感電死傷” 現場責任者を書類送検
TBS日比アナが一日警察署長、交通安全呼びかけ
花火大会の出店“恐喝未遂” 暴力団幹部の男ら逮捕
【衆院解散】ケント・ギルバート氏「日本上空にミサイル、憲法9条の弊害」
ハリケーン直撃のアレシボ電波望遠鏡、305m径巨大反射鏡の受信部落下の被害。今後の運営にも暗雲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加