ミニバンにはないマツダ CX-8 の“遊びゴコロ”...東京オートサロン2018

ミニバンにはないマツダ CX-8 の“遊びゴコロ”...東京オートサロン2018

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/13
No image

マツダCX-8(東京オートサロン2018)

もっと画像を見る
1月12日に開幕した東京オートサロン。西館マツダブースの主役はステージ上にある。昨年12月に発売されたばかりの3列シート大型SUV『CX-8』だ。が、単にクルマのみを飾っているわけではない。「スノーフレイクホワイトパールマイカ」にはヒッチメンバーが装備され、船外機式のパワーボートを搭載したキャリアを牽引するというイメージディスプレイだ。

CX-8は3列シートミニバンに飽き足らない顧客の受け皿という使命を負って生まれたモデル。それだけにミニバンにはない“遊びゴコロ”を盛り込むことにこだわったとは登場当時の開発者の弁。そのひとつが最大重量750kgの牽引装置「トレーラーヒッチ」。その雄姿を来場者にぜひ見せたいという思いがうかがえる。

ボートは小型スポーツクルーザーを得意とするサウザー。船外機はアメリカのマーキュリー社製の1基がけ。ジオラマ展示などは一切ないが、CX-8で遊びに出かけるイメージは十分に伝わってくる。

ブースのその他のエリアは『CX-5』『ロードスターRF』などの市販車の展示が主体。ロードスターのワンメイク車両も見ることができる。マツダファンにとっては垂涎のスポットと言えるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ビットコインは悪い結末をむかえる」? バフェット氏ら、再警告
過去最高をまた更新、外国人観光客伸び見せたのは「あの国」
クリスマスしか食べないケンタッキーの危機...ファミマ怒涛のチキン攻勢に「食われ」始めた
ビットコインで儲けた人に次々と税務署の調査!多額追徴課税!
研究結果:Bitcoinを150ドルから1000ドルにつり上げたのはひとりの仕業だったらしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加