米カードゲーム会社がアメリカ・メキシコ国境の土地を購入し、“国境の壁”に反対を表明

米カードゲーム会社がアメリカ・メキシコ国境の土地を購入し、“国境の壁”に反対を表明

  • AdGang
  • 更新日:2017/12/06

Case: SAVES AMERICA

トランプ大統領就任後、メキシコとの国境の間に“国境の壁”を作る準備を進めているアメリカにおいて、攻撃的、暴力的な言葉など“人道に反する”言葉を多用する人気のカードゲーム「Cards Against Humanity」は、“国境の壁”作ることに反対の意を示すべく、アメリカとメキシコの国境沿いの土地を購入すると発表しました。

これは「Cards Against Humanity」の限定パッケージ「SAVES AMERICA」発売に合わせて発表されたもの。同社が国境の土地を購入することによって、“(壁の造成に)可能な限り時間をかけさせる”といった作戦なのです。

No image

この“反トランプ”姿勢を見せた「Cards Against Humanity」に賛同したユーザーが殺到し、限定パッケージは発売後数時間で売り切れに。

限定版には“土地のイラストの地図、国境と戦うという約束の証明書、新カード”が同封されており、12月に6つのサプライズが用意されているとはいます。

商品を購入する際に「2016年の大統領選挙で誰に投票しましたか」という質問に答える必要があったため、トランプ政権に反対姿勢を示すようなサプライズ施策が予想されます。

コンセプトムービーは再生回数130万回超え、「SAVES AMERICA」発売の告知ツイートは6,600件以上のRTを集めており、今後の展開に注目が集まります。

The government is being run by a toilet. We have no choice… we are going to save America and attempt to keep our brand relevant in 2017

Join in and for $15 we’ll send you six America-saving surprises this December: https://t.co/o1BFmokO9W
— CardsAgainstHumanity (@CAH)
2017年11月14日
from Twitter

(viaSAVES AMERICA)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昨年の激しい日韓軍事情報協定反対闘争は何だったのか?
本物? 偽物? “透明マント”の動画が話題
「お前を殺して食ってやる!」負けた犬を地面に叩きつけて惨殺!! 中国“違法ドッグレース”の闇
野鳥のバード・ストライクや農業被害を防ぐロボット・ハヤブサ「Robird」
MLS参入目指すベッカム氏の投資グループ、孫正義氏らの加入が承認される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加