最新ランキングをチェックしよう
前回総選挙からまだ2年...それでも解散風が吹くこれだけの理由

前回総選挙からまだ2年...それでも解散風が吹くこれだけの理由

  • 政治山
  • 更新日:2016/10/19

永田町では年明けの衆院解散を想定した動きが慌ただしくなっています。民進党代表選が告示された9月初旬から、早ければ11月解散の動きがあると噂され、同下旬には公明党の山口那津男代表や自民党の二階俊博幹事長などから「解散はいつでもありうる」と準備を促す発言が相次ぎました。前回総選挙(2014年12月14日)からまだ2年も経っていないのに、本当に「解散」の二文字が安倍首相の脳裏にあるのでしょうか。
衆院解

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【テロ等準備罪】安倍晋三首相「テロ対策に万全を期すことが(東京五輪)開催国の責務だ」 組織犯罪処罰法改正案が参院審議入り
加計学園問題の新展開「前川前次官発言」はここに注目!
【報ステ】加計学園問題“前川告発”で総理が初答弁
安倍政権の「終わりの始まり」~いま自民党の重鎮たちが考えていること
東浩紀「『共謀罪』に国民は無関心 『安倍以外』なしのツケ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加