最新ランキングをチェックしよう
前回総選挙からまだ2年...それでも解散風が吹くこれだけの理由

前回総選挙からまだ2年...それでも解散風が吹くこれだけの理由

  • 政治山
  • 更新日:2016/10/19

永田町では年明けの衆院解散を想定した動きが慌ただしくなっています。民進党代表選が告示された9月初旬から、早ければ11月解散の動きがあると噂され、同下旬には公明党の山口那津男代表や自民党の二階俊博幹事長などから「解散はいつでもありうる」と準備を促す発言が相次ぎました。前回総選挙(2014年12月14日)からまだ2年も経っていないのに、本当に「解散」の二文字が安倍首相の脳裏にあるのでしょうか。
衆院解

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
”悪の権化”にされた都議会自民党前幹事長・高木啓が語る「小池都知事の『オリンピック経費400億円削減』など嘘だ」
維新憎し...大阪で「自民共」共闘、再び
自公、茨城県知事選に総力戦 現職の多選批判展開 トリプル補選に弾みなるか
自衛隊の日報問題、責任はすべて政府にあり
稲田防衛相辞任:日報問題の本質は「廃棄」なのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加