最新ランキングをチェックしよう
前回総選挙からまだ2年...それでも解散風が吹くこれだけの理由

前回総選挙からまだ2年...それでも解散風が吹くこれだけの理由

  • 政治山
  • 更新日:2016/10/19

永田町では年明けの衆院解散を想定した動きが慌ただしくなっています。民進党代表選が告示された9月初旬から、早ければ11月解散の動きがあると噂され、同下旬には公明党の山口那津男代表や自民党の二階俊博幹事長などから「解散はいつでもありうる」と準備を促す発言が相次ぎました。前回総選挙(2014年12月14日)からまだ2年も経っていないのに、本当に「解散」の二文字が安倍首相の脳裏にあるのでしょうか。
衆院解

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「安倍晋三記念小学校」は朝日新聞が「煽った」 麻生太郎氏、森友問題で指摘
加計学園問題は朝日新聞の社運を懸けた闘いだった
強いように見えて弱い「ガラパゴス国会」
迷走する卸売市場法改正議論と豊洲移転騒動の教訓
自民・二階俊博幹事長「しっかり説明を」 神谷昇衆院議員の現金配布
  • このエントリーをはてなブックマークに追加