ウェールズ代表監督がベイルにアドバイス「自分が幸せだと思える場所でプレーを」

ウェールズ代表監督がベイルにアドバイス「自分が幸せだと思える場所でプレーを」

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/14
No image

コールマン監督(左)がベイル(右)にエールを送った [写真]=Getty Images

ウェールズ代表のクリス・コールマン代表監督が、所属クラブのレアル・マドリードからの移籍話が取り沙汰される同代表FWギャレス・ベイルにアドバイスを送った。14日付のイギリス紙『デイリー・スター』が報じている。

度重なる負傷の影響もあり、今シーズンのレアル・マドリードでは公式戦9試合の出場に留まっているベイル。先日もそけい部を負傷し、年内中の離脱が見込まれている同選手に対しては、ジネディーヌ・ジダン監督が1月にはオファーを聞く用意があることを示唆するなど、最近になってプレミアリーグ復帰の噂が囁かれるようになった。

代表でベイルを指導するコールマン監督はこの件について、「彼には自身が幸せだと思える場所にいてほしい。そういう状態にあれば、彼は素晴らしいプレーを見せてくれるからね」と代表監督からの視点でコメント。「もし彼がマドリードで幸せでないのなら、彼はその幸福を得られる場所に行かなければならないだろう」とベイルの移籍を否定しない立場を示した。

また慢性化しているケガについても、「身体に不安があると、本来の姿を取り戻すまでには時間がかかることもある。今の彼はその状態にあるし、それはマドリードにとっても大きな損失だ」と現在のベイルが悪循環にはまってしまっていると分析。その上で「私が今後何年ウェールズの監督を続けていくとしても、その間はレアル・マドリードでプレーする彼を見ていたい。でも最も望ましい居場所の条件は、彼が笑顔を浮かべられるクラブだということだ」と語った。

(記事/Footmedia)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
W杯32か国の「ユニホーム・サプライヤー」まとめ! 最多契約のブランドは?
ドリンクウォーターを擁護するコンテ監督「誰からも批判を受ける人間じゃない」
ラモス対CR7 ジダンの見解
元Jリーガー近藤貫太、慶應2部降格に「この結果は僕の責任」...卒業後はサラリーマン
「一番得意なポジション」で途中出場も...浅野は今季初ゴールならず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加