髪、肌、ボディまで! 美プロが実践するデトックス法&愛用品をご紹介

髪、肌、ボディまで! 美プロが実践するデトックス法&愛用品をご紹介

  • MAQUIA ONLINE
  • 更新日:2019/08/18

「MAQUIA」9月号では、真夏のデトックスを総力特集。美容のプロたちがリアルに実践している方法や、アイテムをリサーチ。さっそくマネしてみて!

No image

ボディも腸も、心も断捨離してスッキリ
真夏のデトックス100問100答

汗をかくのに、冷房などで意外とむくむこの季節。体だけでなく、内臓やココロなどすべてをデトックスして、すっきり爽やかにリスタート!

マネしたい!

美のプロたちのデトックス法

肌がくすむ、体が重たい、元気が出ない。そんな時に美容賢者たちが頼るとっておきの方法をご紹介。

Q 美容家小林ひろ美さん、
美白肌になるデトックスは?

A 丁寧プロセスのルーティンで
夏のツケを解消

「シミが出る、こわばる、肌がにごる......夏の終わりは、保湿と巡りアップ、ポイント集中ケア、インナーケア の4つをルーティン化して溜め込みを予防」

No image

1 排出力抜群。セブンフロー ハーブサーキュレイトオイル 150ml ¥6500/美・ファイン研究所 2 夜専用。エピステーム HQレーザークリア 5g ¥6800/ロート製薬 3 トランシーノ薬用 ホワイトニングフェイシャルマスクEX(医薬部外品)20ml×4枚 ¥1800(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア 4 ホワイトフォース 30日分 ¥2200/ファンケル

Q 美容エディター松本千登世さんの
「美人のためのデトックス」って?

A 入浴とスクラブでオフ

「この時期は、疲れや老け感を溜め込んで、清潔感がなくなりがち。お風呂で思い切り発汗&ストレッチ&マッサージし、さらにスクラブで余計なものをオフ」汗や皮脂を上質にするのが松本さん流。

No image

(右)クレイと竹炭のダブル吸着。クレイ ピューリファイング スクラブ 75g ¥5000/SUQQU (左)ミネラル濃度の高い死海の塩100%でデトックス。ジョルダニアン デッドシー ソルト 500g ¥4200/BARAKA

Q 美容ジャーナリスト鵜飼香子さんの
「頭皮すっきり」デトックスは?

A “頭皮刺激のヘアブラシ”で軽やかに

「夏の疲れ取りに欠かせないのが、頭頂部に向かっての地肌ブラッシング。顔がカーッと熱くなり、頭がすっきり軽くなります」

No image

天然毛のブラシで、頭皮を刺激するように下から上へ。「えもいわれぬ“ゾゾゾ感”がありリフレッシュ!」

Q ダイエット美容家本島彩帆里さん、
太らないためのデトックスは?

A だるさや冷えを「ながらケア」で秋太り防止

「私は夏バテしてげっそりし、秋にぐっと太るタイプ。家ではずっと巡りケアのソックスをはいて、冷えやむくみ、だるさを防ぎます。旅のお供にも欠かせません」

No image

むくみを流す段階着圧設計で、寝ているだけでぽかぽか&すっきり。めぐりソックス ¥3980/エベリスト

Q 美容家神崎 恵さんが
夏にする「デトックス」術は?

A 溜め込む前にUVカットメガネと
カーディガンで日焼けをガード

「毎日の運転や子どもたちとのアクティビティなど、日常で重なった日焼けが。UVカットに徹し、インナーからもしっかり美白」

No image

車の窓にはUVカットフィルムを貼り、UVカット眼鏡やカーディガンも携帯。うっすら日焼けは健康的な肌の色として楽しむように。

Q 中医美容研究家濱田文恵さん、
デトックスにいい夏レシピは?

A こもった熱と余分な水分を、
冬瓜スープで排出

「夏の終わりには“湿邪”(こもった熱と古い水分)が溜まります。冬瓜やハトムギ、スイカ、セロリなどを摂って排出を促します」

No image

濱田さんの夏の定番、ハトムギ団子と冬瓜の夏バテ撃退スープ。“気”を補う豚肉や“脾”を補う玉米粉もIN。

No image

残った冬瓜の皮を洗って乾燥させ、お湯を注ぐと簡単薬膳茶に。ほてった体を冷ましたいときにぴったり。

Q 美髪アドバイザー田村マナさんに
髪のデトックスも教えてほしい

A 髪と頭皮のWケアでリカバリー

「紫外線ダメージでキューティクルが乱れた髪は、椿油で艶やかに。夏はエイジングが加速するので、荒れた頭皮に優しくアプローチするエッセンスもマストです」

No image

(右)なめらかなミスト状の椿油が、ドライヤーや紫外線ダメージから髪をガード。ヘアスプレー 140g ¥1200/大島椿 (左)和漢植物エキスがたっぷり。ピュアエッセンス スカルプ 80ml ¥4200/イーラル

Q まいこホリスティックスキンクリニック院長
山崎まいこ先生、
夏の内臓疲れをデトックスするには?

A 不足しがちなミネラルと
ビタミンをチャージして

「発汗過多による脱水と、ビタミン・ミネラル不足に陥りがち。ミネラル豊富なバスソルトを入れて入浴したり、ミネラル豊富な塩、ビタミンC、マカなども積極的に摂ります」

No image

砂漠で数万年かけて育まれた、天然ミネラル豊富なクレイ。クレイド キャニスターセット 400 400g ¥4900/CLAYD JAPAN

MAQUIA9月号

撮影/天日恵美子 取材・文/高見沢里子 国分美由紀 構成/木下理恵(MAQUIA) 撮影協力/アワビーズ UTUWA

【MAQUIA9月号☆好評発売中】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
傷んだ髪をサラサラに......「ドライヤー」「洗い流さないトリートメント」の使い方をプロに聞く!
疲れを感じる毎日に「香り」のパワーを。心身のバランスを整え、美容面でも強い味方に
売り切れ必至!潤うのに落ちない最強リップ「オペラ」秋の新色最速レビュー♡
男性の美容意識が高まっても日焼け止めを使う人が増えない理由
【ダイエット】低カロリーでも太りやすい! コンビニでつい買いがちな食品5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加