アウトドアでもApple Watchをアクティブに使おう!バンドを交換して手袋や袖の上からはめる方法

アウトドアでもApple Watchをアクティブに使おう!バンドを交換して手袋や袖の上からはめる方法

  • isuta
  • 更新日:2018/02/14

Apple Watchに限らず腕時計は手首に直接巻くのが普通ですが、アウトドアシーンでは、手袋や袖の上から装着したい場合もあるんですよね(^_^)

そこで今回は、Apple Watchのバンドを交換して、手袋や服の上からもはめられるようにする方法をご紹介します♪

手首が細い人ならスポーツバンドのM/LサイズでもOK!

No image

アウトドアで着る上着というのは、動きの邪魔にならないように袖をベルクロで締められるものが多くなっています。

なのでApple Watchを手首に直接巻いていると、いちいちベルクロを外してから袖をめくる必要があり、サッと確認するようなことはできません。

No image

あるいは、手袋をしている場合も同様です。

こうした状況では、やっぱり手袋や袖の上から装着したくなりますよね(^_^)

No image

と言っても、普段使っているバンドでは、まず長さが足りないのが普通でしょう。

ですが、手首が細くて普段はS/Mサイズのスポーツバンドを使っている方なら、同梱されていたM/Lサイズのバンドを使うという方法があります。

38mmのApple Watchならば20cmまで、42mmならば21cmの手首周まで対応しているので……。

No image

袖の厚みがそれほどでもなければ、このM/Lサイズのバンドに交換するだけでいけることが多いですよ♪

No image

ただし、一番外側の穴の場合、バンドの遊び部分が少なくなるため、アクティブに動いていると外れる怖れもあります。

そのような場合は、次に紹介するNATOベルトがオススメです(^_^)

NATOベルトなら厚手のグローブの上からでも使える

No image

腕時計の世界で根強い人気があるのが、NATOベルトと呼ばれる1本タイプのベルト。これは、NATO(北大西洋条約機構)軍の装備にならったデザインだとされています。

その一般向けのデザインのNATOベルトをApple Watchに取り付けることもできそうなので、パーツを購入してチャレンジしてみました!

No image

まずは、ベルト取り付け用のアダプター。

これは、バネ棒式ではなく固定式のものを選びます。

No image

続いて、ベルトを取り付けたアダプターに通せば……。

No image

最長10インチ(25.4センチ)の超ロングバンドが完成しました!

ちなみに、アダプターにもベルトにも工具が付属していますが、とくに使うこともなく、ごく普通のApple Watchのバンド交換と同じように行えます。

No image

とにかくベルトが長いので、冬用オートバイグローブの上からだってらくらくと装着できちゃいます(^_^)

No image

こんなにゴツいグローブでも、ベルトの長さにはかなり余裕があります。

逆に余りすぎた場合は、余った部分を折り返して金具に通せるようになっているので安心です。

心拍数の取得やフィットネストラッキングはできなくなる

No image

袖や手袋の上からApple Watchを装着すると、時刻をはじめとしてさまざまな情報を確認できるため、これがアウトドアシーンでは想像以上に便利。

ただし、当然ながら心拍数の取得やフィットネストラッキングなどのセンサー類は無効になります。

No image

利用シーンは限られますが、同じようなニーズを持っていた方はぜひ試してみてください!

お値段も手頃なので、簡単にチャレンジすることができますよ(^_^)

Bandmax Apple Watchアダプター / Amazon

http://amzn.to/2BTxR9a

RADON NATOベルト 22mm / Amazon

http://amzn.to/2BWiv40

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新型AirPodsが2018年内に来る━(゚∀゚)━?現モデルとの違いは
次世代AirPods、ワイヤレス充電に加え耐水、Hey, Siri利用可能で今年発売か
Apple Pay、利用者数は1億2,700万人でもiPhone所持者の16%
「iPhoneケースは着けたくないけど、スマホは守りたい...」人へ捧ぐ、鎧型シルバーアクセサリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加