ソフトB吉住「清宮に負けたくない」 初めて生対面、対抗心メラメラ

ソフトB吉住「清宮に負けたくない」 初めて生対面、対抗心メラメラ

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2018/01/12

NPB新人選手研修会に参加した福岡ソフトバンクの選手たちが清宮に刺激を受けた。ドラフト1位の吉住晴斗投手(17)=山形・鶴岡東高=は初の“生清宮”に闘志をかき立てられた。野球殿堂博物館の見学の際に多くの報道陣を引き連れる姿を目撃。会話の機会こそなかったが「初めて生で見た。今までテレビで見ていた存在。(対戦)相手となる以上は負けたくないし、同じ世代の中で上になりたい」と対戦の日を見据え表情を引き締めた。

昨年のU-18(18歳以下)ワールドカップで日本代表として清宮とともに戦った、ドラフト5位の田浦文丸投手(18)=熊本・秀岳館高=は再会を喜んだ。控室では会話も弾んだようで「戦う以上は負けたくないが、普段は楽しくやっています。またプロの代表としてU-18のメンバーで戦えたらいいな」と夢を膨らませ、プロでの飛躍を誓った。 (山田孝人)

=2018/01/12付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最新FIFAランク発表。日本はアジア3位を維持。ロシアはW杯出場国最下位脱出
【ガンバ革新】背番号10の絶対軸、倉田秋に問う「クルピ新監督、どうよ?」
森保ジャパン、送り込んだ選手を信じた指揮官と期待に応えた選手たち
<平昌五輪>史上最多8回目の五輪に挑む葛西紀明、中国でも驚きと称賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加