クロップ体制、記録的ペースで得点量産! “最強3トップ”は驚異の通算82ゴール

クロップ体制、記録的ペースで得点量産! “最強3トップ”は驚異の通算82ゴール

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/04/17
No image

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】

ユルゲン・クロップ監督がリバプールを率いて以降、チームの合計得点数が記録的ペースで上昇しているようだ。16日に英メディア『BBC』が報じている。

ドルトムントで7年間指揮を執ったクロップ監督は2015年4月に退任。同年10月にリバプールの指揮官に就任した。同メディアによると、それから3年の間に148試合で指揮を執り、合計300ゴールを達成したという。およそ1試合に2得点のペースで得点を量産しており、これまでの監督よりも速い。

特に今季はモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの3トップが目覚ましい活躍を見せている。なんと3人だけで公式戦82ゴールを奪っているようだ。過去15年間における、リバプール指揮官のデータは以下の通り。

【過去5人のリバプール指揮官(15年間のデータ)】

ラファエル・ベニテス、350試合で合計585得点。勝率55%(194勝77分79敗)
ロイ・ホジソン、31試合で合計41得点。勝率42%(13勝9分9敗)
ケニー・ダルグリッシュ、74試合で合計115得点。勝率47%(35勝17分22敗)
ブレンダン・ロジャーズ、166試合で合計293得点。勝率50%(83勝41分42敗)
ユルゲン・クロップ、148試合で300得点。勝率53%(79勝42分27敗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『サッカーの聖地』が外国資本の手に...? 世界217位の大富豪、1200億円で購入へ
兵役回避のラストチャンス! 韓国代表のエース、ソン・フンミンが運命のアジア大会へ
今井氏が反論「野蛮なやり方」 バド再春館元監督、熊本県協会処分に
【CL バイエルン×レアル・マドリー|採点&寸評】マドリーの逆転勝利に大貢献した「小兵MF」がMOMに!
和田アキ子が羽生結弦、高梨沙羅と園遊会でツーショット 「アッコさん優しい」の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加