ベルギー攻略に自信の乾「3バックはあまり速くない」

ベルギー攻略に自信の乾「3バックはあまり速くない」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/13
No image

ベルギー攻略のイメージはできている。紅白戦ではベルギーを想定して3-6-1のシステムを組んだ控え組の左シャドーに入った日本代表FW乾貴士(エイバル)。14日のベルギー戦もベンチスタートが濃厚となる中、「(ベルギーの)3バックはあまり速くないという情報も聞いている。裏を突いていこうという話はしている」と明かした。

10日の国際親善試合ではメキシコと3-3で引き分けたベルギー。攻撃には破壊力があるが、守備陣はDFビンセント・コンパニ(マンチェスター・C)、DFトビー・アルデルワイレルト(トッテナム)を故障で欠いていることもあり、DFローラン・シマン(モントリオール・インパクト)、DFデドリック・ボヤタ(セルティック)、DFトマス・ベルメーレン(バルセロナ)の急造3バックで臨み、シマンがPKを献上するなど3失点と安定感を欠いた。

乾は「(メキシコ戦では)あまりうまくいってなかったということなので変えてくるかもしれないけど」と前置きしつつ、「代表のサッカーというか、今目指しているのは裏を狙うところ。それはやっていかないといけない」と指摘。切り札として乾のようなドリブラーが終盤に投入されるのは、ベルギーにとっても脅威のはず。「隙や油断はどのチームにもある。そこを突ければいい」と力を込めた。

(取材・文 西山紘平)

●2018W杯ロシア大会特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
性的虐待まん延の米体操界、新たに五輪金メダリストが被害告白
中村俊輔が“サッカーセンス論”を激白 闘莉王を引き合いに断言「自主練を見れば分かる」
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
タイ1部リーグで「歴史的」八百長スキャンダル、選手ら12人逮捕
「日本の教育は世界一」...鹿島MFレアンドロ、母国メディアに残留希望を明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加