村上春樹4年ぶり新作長編が2月刊行!

村上春樹4年ぶり新作長編が2月刊行!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2016/12/01
No image

約4年ぶりに長編小説を発表する村上春樹 - Jeremy Sutton Hibbert / Getty Images Entertainment

作家・村上春樹の新作長編小説が2017年2月に刊行されることが30日、新潮社より発表された。タイトルはまだ発表されておらず、2,000枚の書き下ろしの全2冊となる。

【写真】村上春樹原作の短編小説をアメリカで映画化!

村上が新作長編を発表するのは、2013年4月12日に文藝春秋より刊行された「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」以来、約3年10か月ぶり。複数冊にわたる長編は2009年から2010年にわたって3部作として発表された「1Q84」(新潮社)以来、約6年10か月ぶりとなる。

村上は2016年ノーベル文学賞の有力候補とされていたが、惜しくも受賞を逃し米国のミュージシャン、ボブ・ディランが受賞した。(編集部・石井百合子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豪華フォトブックも付属!SUPER★DRAGON、1stアルバムの全貌解禁
「乃木坂46」橋本奈々未の卒業コンサートが2・20に決定!
SUPER★DRAGON、デビュー2ヶ月でリリースする1stアルバムの全貌を解禁
夢みるアドレセンスがシングル2枚同時発売へ
乃木坂46が「王道アイドル」としての圧倒的な存在感をみせる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加