名前はMiniでも性能は大物!Google Home Miniの使い方

名前はMiniでも性能は大物!Google Home Miniの使い方

  • @DIME
  • 更新日:2018/11/19
No image

テレビやウェブの宣伝などで目にする機会も多く、いまもっとも注目を集めるガジェットの1つである“スマートスピーカー”。

各社がさまざまな製品がリリースするなか、検索大手のGoogleがリリースしたGoogle Homeは知名度も高く、誰でも一度は聞いたことがある人気製品だ。

そんなGoogle Homeには、「Google Home Mini」という廉価版もリリースされている。しかし、いざ買おうと思っても、両者の違いがよくわからず、どちらを選んだらいいか、悩んでいる人も多いのではないだろうか。

この記事では、Google Home Miniが、Google Homeとどう違うのか。廉価版といっても、どの程度、性能に差があるのかを解説する。

【参考】使う前に知っておきたい『Google Home』でできること、できないこと

廉価版のGoogle Home Miniでも「できること」は同じ!?

No image

廉価版だけあって、Google Home Miniの価格は、Google Homeより安い。しかし、結論から言うと、スマートスピーカーとして「できること」はGoogle Homeと基本的には同じ。

・調べものをする(インターネットで検索するのと同じ)
・予定を管理する
・タイマーやアラームをセットする
・エンターテイメントを楽しむ(音楽や映像など)
・スマートホームを操作する(連携する家電の操作)

といった内容だ。もちろんGoogle HomeとGoogle Home Miniが返してくれる答えにも差はまったくない。

Google HomeとGoogle Home Mini のセットアップ方法に違いはある?

それでは、セットアップ方法に違いはあるのだろうか?

No image

じつのところ、セットアップ方法もGoogle HomeとGoogle Home Miniはまったく同じだ。Google Home Miniを使うには、Google Homeと同様にスマホまたはタブレットと、インターネットに接続できるWi-Fi環境が必須となる。それをそろえたら、以下の流れで設定する。

(1)電源ケーブルを Google Home Miniに差し込む
(2)電源アダプターをコンセントに差し込む
(3)スマートフォンやタブレットでGoogle Home アプリをダウンロードして実行する

No image

面倒な設定はアプリ上で行うため、時間は10分もあれば十分だ。Google Homeアプリ上でGoogleアカウントを設定し、設定したいGoogle Homeを登録。あとは指示に従って進めるだけで設定は完了する。

【参考】今さら聞けないスマートスピーカー「Google Home」の使い方

Google Home Mini をセットアップできない場合はどうするか?

Google Home Miniをセットアップする際に、なんらかの問題でGoogle Home に接続できない場合がある。そんなときの対処法として、まず以下の3つを確認してみよう。

(1)Google Home Miniの電源が入っていて、壁のコンセントに差し込まれている
(2)対応のiOSまたはAndroid端末でGoogle Homeアプリの最新版を使用している
(3)Google Homeデバイスがセットアップに使用するモバイル端末やタブレットから4~6 m以内にある

上記に問題なければ、つぎは以下の方法を試してみよう。これらは、すべて実施するのではなく、上から順にひとつずつ試し、セットアップできるようになったら残りは無視していい。

No image

【Google Home Miniを再起動する】

Google Home Miniから電源ケーブルをいったん外し、再度電源ケーブルを接続し直すと、Google Home Miniが再起動する。

【Google Homeアプリをいったん強制終了してから再起動する】

Google Homeアプリの動作自体に、問題がある可能性もある。Google Homeアプリをいったん強制終了(タスクを切る)してから、再度Google Homeアプリを起動する。

【スマートフォンまたはタブレットのWi-Fi設定からGoogle HomeのSSIDに手動で接続する】

モバイル端末のWi-Fi設定を開いて、利用可能なネットワークを探す。Google Home Miniが工場出荷時の設定にリセットされていれば「GoogleHomeXXXX」という名前(XXXX はランダムな数字)を、そうでなければ以前に割り当てた名前を探して、正常に接続できるようであればGoogle Homeアプリで設定する。

【参考】Google HomeアプリでGoogle Homeのアクセスポイントに接続できない(公式サイト)

Google HomeとGoogle Home Miniの違いはどこにある?

スマートスピーカーとして「できること」も同じ、セットアップ方法も同じ。では、違うのは形と値段だけかというと、そんなことはない。

Google HomeとGoogle Home Miniの違いとしてもっとも大きなところは、やはり「スピーカー」だ。Google Home Miniは、スピーカーを簡略化して、全体としてサイズダウンを図り、低価格化も実現している。そのため、音質を追求するならGoogle Homeに軍配が上がる。

No image

では、音質が上だからといってGoogle Homeを選ぶべきかというと、話はそれほど単純ではない。サイズが小さいというのは大きなメリットで、どこかへ持ち運ぶにしてもGoogle HomeよりGoogle Home Miniのほうが圧倒的に楽だ。とくに、スペースの限られたキッチンや車内などに置きたいのであれば、Google Home Miniを選ぶべきだろう。

Google HomeとGoogle Home Miniの違いを詳しく見てみよう

おもにスピーカーの性能を落とすことでサイズダウンを実現したGoogle Home Miniだが、それによって細かな操作の違いがいくつかある。代表的なところを紹介しよう。

【タッチ操作ができない】

Google Homeは、タッチセンサーで直接操作できるが、Google Home Miniではそれができない(音量調節は可能)。ただ、そもそも「声」で操作するのが基本の製品なので、それほど大きな問題ではないかもしれない。

【電源がUSB経由】

Google Home Miniは、マイクロUSBポートから電源供給する。本体が小さいこともあり、出先に持ち出して使用することも可能だ。つねに持ち歩く人は少ないだろうが、携帯性に優れることは使い道が増えることにもつながるだろう。

【色が選べる】

Google Home Miniは、チョーク、チャコール、コーラル(Googleストア限定)の3色から選べる。一方、Google Homeはホワイトのみのカラー展開だ。ただし、Google Homeは「ベース」と呼ばれる別売りパーツで「着せ替え」が楽しめる。

No image

Google Home MiniはAmazonでも手に入るのか?

結論から言うと、Google Home Miniは、Googleストア以外でも問題なく手に入れられる。ただし、AmazonだとGoogle Home Miniは取りあつかっておらず、Google Homeのみの販売となる。(2018年11月現在)

No image

Google Homeと、まったく同じことができるGoogle Home Mini。ただし、「スピーカーが劣っているだけの廉価版」ではなく、「サイズが小さく、携帯性に優れたモデル」ととらえるのが、正しい認識だろう。

たとえば3階立ての自宅など、広い空間をくまなくカバーリングするには、スマートスピーカーも何台も必要になる。それぞれの特性を理解し、リビングはGoogle Home、キッチンと寝室はGoogle Home Mini……のように、用途に応じて使い分けてみてはいかがだろうか?

取材・文/ねこリセット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホアプリで身分証明・照会ができる「デジタル免許証」が広がろうとしている
何個知ってた? ググらないGoogleの使い方、教えます!
日中つけっぱなしもOKな指輪型マウス「Coolest mouse ever」は新たなユーザー体験を提供
1インチの立方体に充電ケーブル、保存用メモリ、スマホ用スタンド、LEDライトなどを装備したマルチアイテム「WonderCube Pro」
AIが学習者の“記憶度”に合わせて最適な問題を自動生成するモノグサが1億円を調達
  • このエントリーをはてなブックマークに追加