電飾の黄金馬車登場 鹿児島のホテル

電飾の黄金馬車登場 鹿児島のホテル

  • 西日本新聞
  • 更新日:2016/12/01

鹿児島市の市街地を見下ろす高台にあり、毎冬、約17万個の電飾が中庭を彩る同市の城山観光ホテルに黄金の馬車が登場、話題になっている。

馬車は全長7・5メートルで発光ダイオード(LED)4710個を使用。白馬2頭が黄金色に輝く馬車を引くシンデレラの一場面がモデルになっている。

置かれているのは、中庭の「ハピネスの丘」と呼ばれる大切な人との絆を強める場所。出入りは自由で、馬車に乗ることもできる。「夜景を見ながらロマンチックに幸せを確かめ合って」とホテルの担当者。2月末までの午後5時半から同11時まで楽しめる。

=2016/12/01 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
OPEC減産合意は効き目なし?突如「伏兵」現わる
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
ユニクロに1年潜入取材してみた!
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加