浦和入りが決まった柴戸など4名がJに進む明治大!それぞれ意気込みを語る

浦和入りが決まった柴戸など4名がJに進む明治大!それぞれ意気込みを語る

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/06
No image

左から木戸、柴戸、鳥海、山崎。センターラインが揃ってプロ入りだ。写真:松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

12月6日、明治大学は所属する木戸晧貴、柴戸海、鳥海晃司、山崎浩介のJリーグ加入内定選手合同記者会見を行なった。

アビスパ福岡に入団する主将の木戸はパワーと決定力を兼ね備えたストライカー。東福岡高時代から将来を嘱望されていた逸材で、大学時代は2度の大怪我に見舞われたが、それを乗り越えてプロ入りを勝ち取った。

ACLを制覇した浦和レッズに加わる副主将の柴戸は危機察知能力に秀でた潰し屋だ。市立船橋高時代はCBを務めていたが、大学進学後は守備的MFにコンバート。読みの鋭さとボール奪取能力で評価を高め、大学ナンバー1ボランチという評価を掴んでプロ入りを決めた。

一方、フィジカル能力に長けたCBの鳥海は高校時代を過ごしたジェフ千葉、同じく山崎は愛媛FCで新たなスタートを切ることになり、それぞれの場所でプロサッカー選手として歩み出す。

会見で4名はプロ入りへの意気込みを下記のように語った。

「来季から浦和レッズでプレーをする柴戸海です。自分の特徴はハードワークや球際の強さが自分の特徴です。そのポジションでチームに貢献することが、今までボランチとして生きてこれた要因です。ただ、それが以外にもゴール前へお飛び出しや、縦パスも自分の特徴だと思っているので12月のインカレやプロに入ってからもやっていきたい」(柴戸)

「本日はこのような素晴らしい記者会見を開いていただきありがとうございます。自分はFWなので、ゴール前の仕事や得点に直結する仕事、シュート力が武器です。プロ入り後は得点という形でアビスパ福岡のJ1復帰に貢献したいと思っています」(木戸)

「来季からジェフ千葉に加わることになりました鳥海晃司です。僕の持ち味はスピードのある守備と後ろからのビルドアップです。ジェフ千葉はJ1にいないといけないチームだと思っているので、ジェフの力になっていけるように頑張っていきたいです」(鳥海)

「身体の強さを活かした守備と最終ラインからのビルドアップと縦パスが自分の特徴です。まずは12月にインカレがあるので、そこで全力を尽くして優勝を目指したいと思っています。そして、来シーズンは愛媛FCの勝利のために全力を尽くしたいと思っています」(山崎)

日本代表の長友佑都(インテル)など継続的に好タレントを輩出する明治大。新たにプロの門を叩く彼らが、来季どのようなプレーを見せるのか注目が集まる。

【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定~大学編

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最初、ふざけんなよと」 日本代表FW小林が明かす、韓国戦“PK弾”の舞台裏とは?
「かっこよくない」試合運びも目標達成!富山一が三菱養和を下してプレミア復帰、選手権に弾み
セルジオ越後が今季のJリーグを振り返る 「川崎と鹿島の明暗を分けた選手起用法は...」
東京U18高円宮杯初V「新たな歴史の1ページ」
FC東京U18が初優勝 DF長谷川がヘディングで決勝点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加