宝くじを30万円でまとめ買い!?お気の毒なボーナスの失敗談

宝くじを30万円でまとめ買い!?お気の毒なボーナスの失敗談

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06

皆さんはボーナスをどのように使っているだろうか。今回、キャリアデザインセンターが運営するビジネスパーソン向けメディア『typeメンバーズパーク』は、同メディアの会員向けに行なった「思い切ったボーナスの使い道」に関するアンケート結果を公開した。

No image

■なかなか思い切れない人多数!ボーナスは「貯金派」が大半

ボーナスをパーッと使ってしまうという人は案外少ないようで、「使う金額の方が多い」が約26%なのに対して、「貯金しておく金額の方が多い」が約34%、「半分ずつくらい」が約22%と、堅実派が多い結果となった。

No image

とはいえ、会社によっては給与数か月分が支給されるボーナス。ボーナスを使った買い物で「最も金額の高かったもの」について聞いてみた。

《頑張った自分へご褒美》
・ソファー、30万円。働いて疲れたときに、家に帰ってきて「はあ~」とごろんできる幸せを得るために少々無理して購入しました(40代/男性/サービス系)
・阪神競馬場で競馬三昧、45万円(30代/女性/IT・通信系)
・いつもショップで眺めるだけの釣具(50万円)をまとめて購入(50代/男性/その他)

《もっとキレイになるために……》
・整形代、18万円(20代/女性/小売・販売系)
・医療レーザー全身脱毛、60万円(20代/女性/その他)
・バストアップエステ、80万円(20代/女性/その他)

《王道!ちょっと贅沢な旅行へ》
・新婚旅行に100万円。南米、イースター島など、今しか行けない!(休みも取れないし)と大奮発しました(30代/女性/商社系)
・家族でヨーロッパ旅行、150万円(60代/男性/小売・販売系)

■天国と地獄?大満足の買い物&お気の毒なボーナス失敗談

普段はなかなかしないような大きな買い物や自己投資。だからこそ、良い買い物をすれば満足感も大きい、失敗すればその分ダメージも相当なもの。今回はボーナスを使って「満足していること」「失敗したこと」をそれぞれ聞いた。

《成功編:リッチな買い物や大切な人への贈り物で大満足》
・20万円以上するスーツを買ったのですが、これが「西部警察」の木暮課長のような薄いグレーのスーツ。電車に乗ると黄色い声で「芸能人?」と言われ、いい気分でした(40代/男性/メーカー・技術系)
・高校卒業して初めてもらったボーナスで、父と母にブランド物の財布をプレゼント。母から『財布ありがとう。お父さんは嬉しくて嬉しくてもったいなくて使わないで飾ってあるのよ』と。それから1年間大事に飾ってありました(20代/女性/その他)
・プロポーズするときに婚約指輪を彼女に渡しました。今まで見たことのない笑顔で、感謝の言葉といい返事がもらえたことは一生忘れられない思い出になりました。辛いことがあったときに思い出して、幸せな気持ちを反芻しています(20代/男性/IT・通信系)

複数見られたのが「プロポーズのための婚約指輪費用」という回答。さらには「たまたま寄ったディーラーの女性店員さんに一目惚れ。話している間に外車購入。ボーナス全額叩いてキャッシュで支払いました。それがキッカケで仲良くなり、その時の女性店員さんが今や我が家の財務大臣です(笑)(20代/男性/IT・通信系)」という、ボーナスでの買い物をきっかけにパートナーまでGETした!という幸運な人もいた。

《失敗編:数十万円が紙切れに……ボーナスの悲しい思い出》
・骨董品を78万円で購入したのですが、知り合いの鑑定士さんに鑑定してもらったところ、偽物だということが判明、大ショック(20代/女性/サービス系)
・ボーナス支給日の前日に宝くじで3億円が当たる夢を見ました。それがあまりにもリアルなので、これは絶対当たる!と思いボーナス30万円で宝くじをまとめ買い!しかし残念ながら3億円は当たりませんでした……(30代/男性/その他)
・増毛センターに行って、入会金や治療器具やらで30万円かかっても効果がなかったこと(50代/男性/メーカー・技術系)
・一目惚れしたコート、3万円だと思ってレジにいったら30万円……でも引き下がれず購入、もったいなくて着れません(20代/女性/サービス系)

聞いているだけで胸が痛くなるようながっかりエピソードの数々。成功編とは打って変わって「彼女と旅行に行きましたが、旅先で喧嘩。それがきっかけでうまくいかなくなり別れました。旅行に行っていなかったらと後悔しました(40代/男性/サービス系)」という悲しいエピソードもあった。

■できることから少しずつ。ボーナスで参加する社会貢献活動

その他、全体的に目立ったのは「ボーナスはボランティアに使う」という声。社会貢献への感度が高い方の多さが感じられるエピソードをまとめて紹介。

・少額だが寄付(30代/男性/その他)
・10万円海外に募金しました。知人がいるフィリピンの孤児院へ(20代/女性/サービス系)
・東日本大震災に寄付(50万円)(40代/男性/メーカー・技術系)
・ボーナス全額をボランティア活動に使うことに決め、日本各地の被災地の支援活動や植林活動などを行なった。普段はできないことをして、テレビからはわからなかった現場の状況を見ることができ、人生の貴重な勉強になった(30代/女性/その他)

【調査概要】
調査方法:『typeメンバーズパーク』会員へのWebアンケート(有効回答者数:10代~70代の男女305名)
実施期間:2017年9月1日~10月1日

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アラフォー風俗嬢が語る「女の夢精」......今から間に合う、“初夢”で夢精する方法
【衝撃】元ネットカフェ店員が語る「マジで迷惑な客」ベスト5がカオスすぎてヤバイ! 本当にそんな客いるのかよ!?
ひとりエッチの「オカズランキング」が判明 8割の男性が普段使っているのは...
ニトリが断然おすすめ!超斬新・驚きの「カラーボックス」活用術
「不倫をしている子」と仲良くしていた人に起こった悲劇3選

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加