SNSでの情報収集、どんな方法が多い? 年代別で違う?

SNSでの情報収集、どんな方法が多い? 年代別で違う?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/07
No image

ジャストシステムは12月7日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年11月度)」の結果を発表した。調査期間は2017年11月29日~12月3日、有効回答は15歳~69歳の個人1,100人。

○5割半がタイムラインで情報収集

普段の情報収集をスマートフォンで行う人に、そのメディアのジャンルを尋ねると、「インターネット」が77.1%で最多。年代別にみると、「インターネット」は10代でも最も多かった(71.8%)、「SNSにおける、投稿やニュースコンテンツ」(57.7%)が他の年代より多いことがわかった。

スマートフォンからSNSで情報収集をする人のうち、ハッシュタグ検索やキーワード検索よりも、「タイムラインを利用して、情報収集する頻度が圧倒的に多い」と答えた人は37.9%、「タイムラインを利用する頻度がやや多い」は18.6%で、タイムラインで情報収集を行う方が多い人は計56.5%となった。

自ら知りたい情報を得るために、キーワードやハッシュタグなどを画面に入力して調べる「能動的な検索行動」を「毎日する」人は49.8%。年代別では、60代が58.8%に上ったのに対し、10代では46.7%と半数に満たなかった。

Facebook、Twitter、Instagramのそれぞれの利用者に、「他者投稿に対するリアクション頻度」を聞くと、「頻繁にリアクションする」と答えた割合は、Instagramが22.0%で最多。次いでTwitterが15.6%、Facebookが12.7%と続いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「iMac Pro」発売 ハイエンド構成だと約150万円に
Google、Steamにて「YouTube VR」早期アクセス配信―VRの大迫力で好きな映像が楽しめる!
セクシーなVRアシスタントのせいで苦情が殺到してメーカーがキャラクターを削除&謝罪
アップル、プロユーザー向けデスクトップ「iMac Pro」発売、558,800円から
ポルノの主戦場が雑誌・DVDからオンラインへと進化することよって環境負荷が上がっている可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加