モーグル堀島行真 “王者のエア構成”に自信

モーグル堀島行真 “王者のエア構成”に自信

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

スイス合宿から帰国したモーグルの堀島行真

フリースタイルスキー・モーグルの世界王者の堀島行真(19)=中京大=が12日、ナショナルチームのスイス合宿を終えて成田空港に帰国した。

同合宿では雪上で本格的な通し練習も行い、昨季断念したダブルフルツイスト(伸身後方1回宙返り2回ひねり)と、コーク1080(斜め3回転)のエア構成を入念に取り組んだ。昨季外したダブルフルツイストについては「ランディング(着地)からこぶに入っていくのもかなり確率が良くなってきている。去年は60パーセントだったので、今年は80から90パーセントになってる」と、手応えを滲ませた。

同構成はW杯総合6連覇、世界選手権V5の“絶対王者”ミカエル・キングスベリーと同じ。今年3月の世界選手権ではスピードで金星を挙げたが、平昌五輪に向けてエアでも対抗していく。「一緒の練習場だったけど、ミック(キングスベリー)もスピードが上がっている。まだレベルが違うけど、超えていけるようにしたい」と、来年の頂上決戦を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加