最新ランキングをチェックしよう
深度合成モード&フォーカスブラケットでどこまでもピントが合うオリンパス『OM-D M-1 MKII』

深度合成モード&フォーカスブラケットでどこまでもピントが合うオリンパス『OM-D M-1 MKII』

  • @DIME
  • 更新日:2016/12/02

■連載/■Introduction私が使っているOLYMPUS『OM-D E-M10MKII』になくて『 グリップだけのモックアップを作って握り具合を確認。全体のモックアップは既に存在するが、さらに細かく検証するために複数のモックアップが作られる。 ボディ全体のモックアップも何段階にも分けて作られる。これはかなり初期のものだが、ダイヤルやボタンがあり、高さやサイズなどを確認できる。 黒く塗装されて

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボタン1つで開閉できる電動折り畳み傘「SMART・J AUTO」--片手がふさがってても閉じられる
Amazonの「春のタイムセール祭り」、一部商品を先行公開
2017年、最も人気のプログラミング言語・フレームワーク・データベースは?
家具職人が手作業で作ったMinfortのハイレゾ対応木製スピーカー『MIN7』
完成まで1年半かかるロボット『週刊鉄腕アトム』は17万円に見合う内容か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加