【一問一答】銀の小平奈緒「やっぱり五輪は強い人が強い」

【一問一答】銀の小平奈緒「やっぱり五輪は強い人が強い」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/15
No image

女子1000メートルで銀メダルに輝き、銅メダルの高木美帆(左)と抱き合う小平奈緒=江陵(共同)

「平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル」(14日、江陵オーバル)

小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル、高木美帆(23)=日体大助手=が1分13秒98で銅メダルを獲得し、日本スケート女子では史上初となるダブルで表彰台に上った。スピードスケートでダブル表彰台は、2大会ぶり3度目。優勝は1分13秒56のヨリン・テルモルス(オランダ)だった。

小平の一問一答は以下の通り。

-今の気持ちは。

「初めて五輪の個人種目をとれてうれしく思う」

-このメダルの意味とはどんなものか。

「自分の力を全て出し切った上での本当の実力が、この銀メダルという結果。後悔はないし、みなさんにとっても喜んでもらえるメダルになったのでは」

-メダルは家族や友人にとってはどんな意味があるのか。

「家族や友人にとっても、私と同じ。ちょっと悔しかったり、ちょっとうれしかったりという気持ちで共有してくれているのでは」

-きょうのパフォーマンスについては。

「オープニングからすごくいいリズムで滑れた。ただ最終ラップで少しスピードが落ちたのが残念だったが、諦めずゴールの先まで全力で滑れたのはよかった」

-複雑な気持ちか。

「ただ実力が足りなかっただけだと思っている。やっぱり五輪は強い人が強いんだなって、どの競技を見ても感じていた」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「イモ女だと思って甘く見てると、痛い目に合うわよ」すっぴん女子が一瞬で美女に変身するビフォーアフター動画が大流行
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく...日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」
安藤美姫に平昌五輪関係の仕事がなかった本当の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加