NECとSAS、AI技術やアナリティクスソリューションを連携させた製品を開発

NECとSAS、AI技術やアナリティクスソリューションを連携させた製品を開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

NECとSAS Institute Japanは10月19日、AI(人工知能)領域で協業すると発表した。今回の協業により、NECのAI技術群「NEC the WISE」とSASのアナリティクス・ソリューション「SAS Analytics」を連携させたソリューションを開発・販売する。

協業の第1弾として、NEC the WISEの1つである「異種混合学習技術」と、「SAS Visual Analytics」「SAS Visual Statistics」などの分析ソフトウェアやプラットフォーム製品を組み合わせ、商品の在庫適正化と欠品回避を実現する需要予測ソリューションを、11月1日から販売を開始する。

同ソリューションは、過去の販売実績、気象予報、キャンペーン情報といった多様なデータを分析することで、商品毎の販売数を高精度に予測し、在庫適正化と欠品回避を実現するという。

異種混合学習技術の活用により、大量のデータから人間では発見が困難な多数の規則性を自動で発見して状況に応じて参照する規則を自動で切り替えることが可能となり、これまで以上に高精度な需要予測を可能としている。

また、NECはSASとクラウド型分析サービスの販売パートナ契約を締結。同契約を通じ、NEC the WISEとSASを組み合わせたソリューションをクラウド型で2017年4月から提供開始する。これにより、AI技術活用の投資対効果の検証や小規模に導入を始めたい企業に低コスト、かつ迅速にシステム環境を提供する。

No image

協業の概要

今後、NEC the WISEに含まれる「テキスト含意認識技術」や「RAPID機械学習技術」とSAS製品を連携したソリューションの開発を順次予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もう、レジの行列に並ばない!?Amazonの新型スーパーがシアトルに来年オープン!
大型ドライバーと幅広ヘッドバンドで快適リスニング オンキヨーからゆとりのヘッドホン「A800」
【天才かよ】Amazonが「レジのないコンビニ」をオープン! 商品を持ち帰るだけで清算完了!!
Googleが初めて独自開発したハイエンドスマホ「Pixel」実機レビュー
レジで行列や支払いをせずそのまま店から出られる画期的な店舗「Amazon Go」が2017年オープン

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加