女子高生プロ増える?テスト受験年齢など引き下げへ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は15日、19年度からのプロテストと予選会(クオリファイング・トーナメント=QT)の規定変更を発表した。

7月だった最終プロテスト実施を11月上旬に変更。受験資格年齢も18歳以上から17歳以上に引き下げる。従来の規定では高校3年は卒業後にプロテストを受験していたが、19年度からは高校在学中の受験が可能となる。これまでは宮里藍、畑岡奈紗とアマチュアでツアー優勝した2人しかいなかった「女子高生プロゴルファー」が一気に増える可能性もある。

18歳以上としていたQTの出場資格年齢も17歳以上に変更。4ステージから2ステージとなり、LPGA会員のみが出場できる(19年のみ一部非会員も出場可能)。変更前は非会員もQTを受験でき、QTで上位に入ればトーナメント・プレーヤーズ・ディビジョン(TPD)単年登録によってツアーに出場することが可能だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
W杯へ浦和槙野の存在感 1発&森重との対決も圧倒
C大阪 初Vへまずは開幕戦勝利だ 尹晶煥監督「リーグ“を”大事に」
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
FC東京・久保、堂々開幕!「こんな感じかな」アジア王者も怖くない
浦和・槙野、新婚1号弾!1月に女優・高梨臨と結婚「クリームシチューが最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加