千葉県一宮町のシェアオフィス「SUZUMINE」で、サーフィンと仕事を両方楽しむ

千葉県一宮町のシェアオフィス「SUZUMINE」で、サーフィンと仕事を両方楽しむ

  • roomie
  • 更新日:2017/12/06
No image

この時代ならではの新しい働き方「気楽な二拠点ワーク」を提案するシェアオフィスを紹介したい。テーマは「Surf & Work」。2020東京オリンピックのサーフィン会場である千葉県一宮町に、サーファー向けのシェアオフィス「SUZUMINE」が2017年7月よりオープンした。今回、3ヶ月間限定の「波乗りリモートワーカーモニター募集」に当選したY氏の、都内と一宮町の両方で働く姿や暮らす様子が公開された。東京オリンピック開催まで1000日を切り、オリンピックの機運が高まりつつある一宮町。オリンピックのサーフィン会場である「釣ケ崎海岸」はもちろんのこと、そのほか様々な場所で撮影は実施され、サーフィンにとどまらない一宮の多彩な魅力が詰まった映像を見てみよう。https://youtu.be/8lZR9noquPU60’sのロックンロールをバックに、まるで夏のバカンスのようなシーンが流れていく。本当に、こんなのんびりとした時間を、毎週過ごすことができるのだろうか?東京駅から乗り換え無しの特急で一時間。JR上総一ノ宮駅が玄関口だ。ふたつの古民家をドッキングしてリノベーションされたこの物件は、オフィスを中心に飲食店舗やチャレンジショップ、キッチンの付いた共用リビングに仮眠室、そしてサーファーには嬉しい、外から直接アクセスできるシャワールームやボードロッカーまで備わっている。賃料も個室オフィス(5室)は、4~5.5万円/月とチャレンジを応援するかのような価格設定。それに加えて、コワーキングスタイルのフリーデスクも1.5万円/月で利用できる。都心の駐車場代より安いのではないだろうか。例えば金曜日の夜に電車で到着し、翌朝早起きすれば、朝日を浴びながら伸び伸びサーフィンを楽しめる。波を独り占めできたり、自分のペースで海に入れるのも特権だ。波が落ち着いたらSUZUMINEに帰り、ウッドデッキでビール片手に仲間とリラックスした時間を過ごすのもいいだろう。ネット回線やコピー機が整い、すぐに仕事を始められるので、サテライトオフィスとして活用するもよし、むしろここを拠点に必要な日だけ東京に出向くもよし。海を眺め、採れたての魚を食べ、リフレッシュしたら、また新しいアイデアが浮かぶかもしれない。多様なワークスタイルの中で、個々の価値観で豊かにしていきたいライフスタイル。そのハードルは意外と低いのかもしれない。[房総R不動産]、「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」新作PR動画を公開!![PR Times]

No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【これはヒドイ】中国の航空会社で “CAが機内食をつまみ食い” する姿が激撮 → 停職処分に / その後、信じられない動機が発覚
「和式便器は金隠し側を後ろに座るのが正解」Twitterで拡散 TOTOに聞いて真偽を確かめてみた
「胸が、大きいのがコンプレックスだった」。そう語る美女の居酒屋体験記
眞子さまも知らない小室圭さん母の“金銭トラブル”
【衝撃】元ネットカフェ店員が語る「マジで迷惑な客」ベスト5がカオスすぎてヤバイ! 本当にそんな客いるのかよ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加