鈴木隆行氏の印象に残るプレーとは...中山&柳沢氏は同じあのゴール

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/13

2002年W杯日韓大会でゴールを挙げるなどサッカー日本代表で活躍し、15年に引退した鈴木隆行氏(41)の引退試合が13日、ケーズデンキスタジアム水戸で行われた。

引退試合に参加したJ3沼津FW中山雅史(沼津)とJ1鹿島コーチの柳沢敦氏が鈴木氏の印象に残るプレーとして、日韓W杯の初戦・ベルギー戦で、つま先に当てて決めた執念のゴールを挙げた。

中山は「先制されてヤバいと思った直後の点。日本を救った」。柳沢コーチは「あの大会における大きな意味があるゴール。鈴木さんがいろいろと積み上げたものが、ボールに触るということにたどり着いた」と振り返った。この日は久々の2トップを組んで「昔を思い出して一緒に戦いました」と懐かしんでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
酒井高&伊藤のHSV、新監督はホラーバッハ氏に決定...現役時代に高原直泰とプレー
広島FWネイサン・バーンズがAリーグ復帰へ「いい経験ができた」
INAC神戸・新加入のMF李ミ雅がミニスカ&ハイヒールで登場
ガンバ大阪、強化のエキスパートが明かす「クルピ招聘の狙いと補強のこれから」
横浜FC津田知宏が長野に完全移籍「J2昇格に向けて一生懸命走ります!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加