日本ハム、犬猫の新しい飼い主探すNPOと共同企画

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/13

日本ハムは20日からの動物愛護週間に先駆けて、16日から18日のオリックス3連戦(札幌ドーム)でNPO法人「HOKKAIDO しっぽの会」(北海道・長沼町)と共同企画を行う。

同会は北海道内の自治体から行政処分される犬猫を引き取り、新しい飼い主を捜して譲渡を行っている。3連戦では、活動内容を紹介するパネルの展示やオリジナルグッズの販売などを実施する。

また、日本一終電が早い新十津川駅の“駅長”ララちゃん(柴犬)が16日の試合前にグラウンドに登場する予定。

応援するブランドン・レアード内野手(30)は「私も、犬を飼っています。たくさんの犬猫が殺処分されるのは、とても悲しいことです。飼いはじめたら、愛情をもって最後まで飼い続けてほしいです。罪のない動物たちの命を救えるように、活動に協力していきます」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「遊んでー!」腹筋運動を邪魔する甘えん坊ワンコ♡
「うちのカラフルな鳥に...ゴシック・ファッションの彼女ができた」対照的な2羽の写真
「この猫...絶対中に人間が入ってる!」(動画)
後部座席に座った人のマナーが最悪すぎ! 足が私の肘置きに乗せられているんですけどぉおおおおっ
【この子と寝るの♡】ぬいぐるみを、ぎゅっと抱きしめたカワウソ! → あっという間に夢の中へ...♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加