高野進氏、男子50キロ競歩は最高の流れ「長く苦しい時代を乗り越えて来た」/世界陸上

高野進氏、男子50キロ競歩は最高の流れ「長く苦しい時代を乗り越えて来た」/世界陸上

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

陸上男子400メートル日本記録保持者の高野進氏(56)が13日、ツイッターを更新。同日に行われたロンドン世界選手権男子50キロ競歩でリオデジャネイロ五輪銅メダルの荒井広宙(29)=自衛隊=が銀、小林快(24)=ビックカメラ=が銅、丸尾知司(25)=愛知製鋼=が5位に入り、日本勢全員が入賞したことについて、「男子50キロ競歩は最高の流れだ。ここ数年で日本代表のフォームが劇的に良くなったように眼に映る。チームジャパンの長年のチャレンジがいよいよ形になろうとしている」とたたえた。

世界選手権の競歩では前回の北京大会男子50キロ3位の谷井孝行(34)=自衛隊=に続く表彰台で、日本勢の今大会の獲得メダルは男子400メートルリレーを含め3個となった。同一種目での複数メダルは1993年大会、2003年大会の女子マラソンで例がある。

いまや日本のお家芸となった男子50キロ競歩に、高野氏は「長く苦しい時代を乗り越えて来た日本競歩界、本当に誇らしい」と賛辞を惜しまなかった。

No image

高野進氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
宮迫・斉藤由貴だけじゃない!不倫疑惑の“常連さん”6人
松田聖子が決して消せない神田沙也加の忌々しい記憶
【頭が真っ白...】アラサー女の「二度と忘れられない」エッチな思い出#1
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加