中間貯蔵 小泉大臣「安全かつスケジュール通りに」

中間貯蔵 小泉大臣「安全かつスケジュール通りに」

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/09/14
No image

動画を見る(元記事へ)

小泉環境大臣は福島第一原発事故の除染で出た土を一時保管する中間貯蔵施設について、着実に進めるべきとの考えを示しました。

小泉環境大臣:「まずは、中間貯蔵(施設)のスケジュールをしっかりと着実に進めていくこと、安全に。これはすごく大事なことと思います」
小泉大臣はこのように述べ、放射性物質を含む除染土の施設への搬入を安全かつスケジュール通りに進めることが重要との考えを示しました。一方、福島県飯舘村で行われている除染土を農業に再利用する取り組みについて「前に進んでいってもらいたい。私も何かできることがないか考えたい」と期待を寄せました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トリチウム問題で韓国の愚挙を嗤えない日本社会
社会保障改革総仕上げ 医療・介護の負担増不可避
2021年以降の復興の基本方針 年内取りまとめへ
【報ステ】全世代型社会保障検討会議スタート
ホルムズ有志連合への自衛隊派遣 河野防衛相「決まってない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加