アイホ床姉妹、悲願の代表「次こそ」合言葉に4年間

アイホ床姉妹、悲願の代表「次こそ」合言葉に4年間

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

平昌五輪のアイスホッケー女子日本代表に選ばれて笑顔を見せる床亜矢可(右)と床秦留可姉妹(撮影・山崎安昭)

女子アイスホッケー平昌(ピョンチャン)五輪代表メンバー23人が6日、都内で発表された。

床(とこ)姉妹が代表に選ばれた。前回ソチは姉のDF亜矢可だけが選ばれ、妹のFW秦留可は落選。当時は2人で泣いたが、選ばれた亜矢可の方が悲嘆に暮れたため、秦留可が「そこまで落ち込まないで」と言うほどだった。「次こそ一緒に」を合言葉にした4年間。秦留可は体を鍛え上げ、体重10キロ増で、服のサイズはMからXLと肉体改造に成功し、初代表をつかんだ。姉妹コンビでゴールラッシュを狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【藤田俊哉の目】ハリル監督は解任されてしかるべき... もはや期待感より不安が大きい
セルジオ越後氏、ハリル監督発言に疑問「解任おかしくない」
【戦術解析】またも露呈したハリルジャパンの弱み...守備がハマらなかった時の解決策は?
G大阪、浦和矢島慎也の獲得決定的 高い得点力魅力
なでしこV逸...北の2発に沈む 世界制したパワー影潜め危機的“凋落”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加