政府を影で操るヤバい宇宙人6選! 人類を創造、銀河系最古の知的生命体、ハイブリッド人間生産...!

政府を影で操るヤバい宇宙人6選! 人類を創造、銀河系最古の知的生命体、ハイブリッド人間生産...!

  • TOCANA
  • 更新日:2018/04/13
No image
No image

画像は「UFO International Project」より引用

すでに地球にいる10のエイリアン」を以前ご紹介したが、今回はミステリーサイト「UFO International Project」を参考に、「政府に協力している6種のエイリアン」をご紹介したい。

●シリウス星人

No image

画像は「UFO International Project」より引用

シリウス星系からやってきたシリウス星人は、4500万年前より人間の適切な進化を助けるために地球に飛来している。古代エジプト人や古代マヤ人に医学と天文学の知識を与え、ピラミッドや神殿の建設も助けたと言われている。慈悲深く優しい性格をしており、高度な技術を持ち、ヒーリングの知識も深い。シリウス星人が大々的に人類に介入していたのは古代のことだが、現在も秘かに政府に潜り込み、タイムトラベルなどの秘密兵器の開発に協力しているという。

●ショートグレイ

No image

画像は「UFO International Project」より引用

レクチル座ゼータ星人とも呼ばれる。一般にイメージされるエイリアンはショートグレイであることが多い。地球人の誘拐(アブダクション)もたびたび行うことで知られている。身長は1m~1.5mほど、大きな頭と大きな目を持つ。口はあるが、ほとんど発話することはなく、会話はテレパシーを通して行われる。次に紹介するトールグレイに作られた奴隷種でもある。科学ミッションを行うために作られたため、感情がなく残酷。彼ら自身、人間との混合種を生み出している。

●トールグレイ

No image

画像は「UFO International Project」より引用

身長2m~2.5m。髪の毛がなく、顔は青白い。トールグレイの指導層は、人類と地球外知的生命体の間を取り持つ特使として活躍することが多い。トールグレイは遺伝子編集の知識を持ち、人間とグレイのハイブリッドを作り出している。このハイブリッドはトールグレイにマインドコントロールされており、人類の裏で“影の政府”を構成している。トールグレイはアブダクションや人体実験を監督しているが、実行するのは奴隷であるショートグレイだ。性格は自己中心的であり、人類の価値をほとんど認めておらず、自分たちの所有物だと考えている。

●アルファ・ドラコニアン

No image

画像は「UFO International Project」より引用

りゅう座アルファ星から来たという「アルファ・ドラコニアン」は、最も邪悪で非友好的な危険なエイリアンだ。外見には爬虫類の特徴があり、身長4~6メートル、体重はなんと800キログラム以上にもなるという。彼らは自分たちが劣った種とみなす地球人の主人であると信じているという。銀河系最古のレプティリアン種としての誇りが高く、天の川銀河最初の知的生命体であると自負している。そのため、他の劣る種族を支配する権利があると考えている。数千年前から地球にも侵入し、人類を搾取している。

●ネイティブ・レプティリアン

No image

画像は「UFO International Project」より引用

地球で生まれたレプティリアン。身長1.8m~2.5mで、二足歩行、肌は緑色の鱗に覆われている。ネイティブ・レプティリアンと人類の交流は数千年前に遡る。時には人類を助けることもあるが、ほとんどの場合はモノとして人間を扱う。人間社会のあらゆる場所に侵入しており、権力の座に就いていることが多い。人類に敵対的だった古代人もレプティリアンであるとされる。彼らは人間のエリート層を操り、世界中の政府機関を支配し、資本主義や宗教を作り出したのもネイティブ・レプティリアンだとされる。メディアも操作しており、大きな犯罪の裏には彼らの影があるという。

●アヌンナキ

No image

画像は「UFO International Project」より引用

古代メソポタミアで発掘された粘土板には、「ニビルという星に住むアヌンナキが地球にやってきた」と記してあったという。アヌンナキはシュメール語では「神々」を意味するが、バビロニア神話によるとアヌ(天)とキ(地)の子どもたちと訳され、「天から降りてきた子どもたち」ということになる。彼らが地球にやってきた最大の理由は、金の採掘のためだ。約43万2000年前にペルシャ湾に舞い降り、採掘のための奴隷として人類を創造したということらしい。彼らの人類への影響は古代のものだが、我々のDNAにはアヌンナキの暴力性と復讐的性質がしっかりと刻み込まれている。人類の支配をめぐってドラコニアンと対立しているとも言われている。

こうして見ると、人類の命運はどのエイリアン種に支配されるかにかかっていると言えるだろう。もしかしたら、地球上での戦争や政治闘争は、彼らの覇権を巡る戦いが表面化したものに過ぎないのかもしれない。トカナとしては人類の守護者である「アクトゥリアン」を全力で推すが、果たしてこの先どうなるものか……。
(編集部)

参考:「UFO International Project」、ほか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サッカー場ぐらいの天体が地球に最接近...「21時間前まで気づかず」(動画)
4月21日 アポロ16号が月面に着陸(1960年)
秋田県能代市にあった知られざる宇宙への扉「能代ロケット実験場」
虫歯の心配無用、人工細胞膜が矯正器具の汚れ防ぐ
国家プロジェクトとしてのがん免疫療法の推進を!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加