大阪桐蔭、春夏連覇へ好発進!エース徳山が7回2安打1失点

大阪桐蔭、春夏連覇へ好発進!エース徳山が7回2安打1失点

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

第99回全国高校野球選手権大会第4日第4試合(大阪桐蔭8-1米子松蔭、11日、甲子園)史上初となる2度目の春夏連覇に挑む大阪桐蔭は、先発・徳山壮磨投手(3年)が7回2安打1失点の好投。打線は主将の福井章吾捕手(3年)が一回に先制弾を放つなど、小刻みに得点を重ね、米子松蔭に圧勝した。

大阪桐蔭は一回、2番・福井主将が米子松蔭の先発・辰己から右越え本塁打を放ち、1点を先制した。二回は先頭の5番・山田が遊撃内野安打で出塁すると、続く6番・根尾の左中間適時二塁打で1点を追加した。四回は二死から7番・坂之下が四球を選び、8番・泉口の中前打で一、三塁。9番・徳山の左前適時打で3点目となった。

五回は福井が中前二塁打で出塁。3番・中川の一邪飛の間に三進すると、4番・山本が左前適時打。山田の右前打で一、三塁となり、捕逸の間に三走の山本が生還し、この回2点を奪った。六回は泉口の四球、徳山の三前犠打で一死二塁。泉口が三盗に成功すると、1番・藤原の三ゴロの間に泉口が生還した。

米子松蔭は七回、3番・津島が右前三塁打、大阪桐蔭の返球が乱れる間に生還し、1点を返した。大阪桐蔭はその裏、一死から山本が左越え二塁打で出塁。山田は中飛に倒れたが、根尾の左越え適時二塁打、坂之下の中前適時打で2点を加えた。

No image

先発投手としてマウンドに上がった大阪桐蔭・徳山=甲子園球場(撮影・甘利慈)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
藤井四段、最大派閥への連勝「7」に フィーバー再燃の予感
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
市立船橋vs千葉日大一
高校野球ドットコム
巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加