南極のアデリーペンギン、ひな大量餓死 生き残りは2羽のみ

南極のアデリーペンギン、ひな大量餓死 生き残りは2羽のみ

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/13
No image

南極・ニューハーバー調査基地で撮影されたアデリーペンギン(2016年11月11日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】南極大陸で今年生まれたペンギンのひなが大量に餓死していたことが13日、明らかになった。海氷の異常な厚さが原因で餌場が遠くなったためだという。調査を行ったフランスの自然科学者らは「壊滅的な繁殖の失敗」と述べている。

研究者らは世界自然保護基金の支援を受け、2010年から東南極でアデリーペンギンのつがい1万8000組を追跡調査してきた。だが、2017年の繁殖期を生き残ったペンギンのひなは2羽だけだったという。

大量死の原因は、今夏後半に海氷が広範囲に及んだことだと研究者らはみている。親ペンギンが遠くの餌場まで行かざるを得なかったため、大半のひなが待っている間に餓死してしまったと考えられる。

ペンギンのコロニー(営巣地)に隣接するデュモン・デュルビル調査基地に滞在して調査に当たっているヤン・ロペールクデール研究主幹は、2010年にメルツ氷河から氷山が分離したことによってコロニーに面した海の環境ががらりと変わったことが影響しているとAFPに述べた。

次の繁殖期には海氷の状況は改善するとみられるが、繁殖状況が好転するかどうかは「残念ながら全く分からない」という。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカ人の半数近くが異星人の存在を信じており、地球を監視するために定期的に訪れていると思っている(最新調査)
今週、北朝鮮と米国の戦争開戦リスク高まる...英国も参戦準備、NATO参戦も
【盗撮事件】民泊に宿泊したカップルがベッドに向けられた「隠しカメラ」を発見 → 宿主は逮捕
「このハゲ~!」発言の豊田候補...ひとりだけの“みすぼらしい選挙”でも好奇の目?
今に始まった話ではない米国のユネスコ不信

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加