プリント後に形を変えることのできる3Dプリント素材をMITの化学者たちが発明

プリント後に形を変えることのできる3Dプリント素材をMITの化学者たちが発明

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/01/17

3Dプリントされたプラスチックは、そのままの形をずっと保つ。3Dプリントで作ったヨーダが大手術をせずにチューバッカの頭に変わることはない。ところが、MITの科学者たちは、プリント後のポリマーを変えることのできる3Dプリントの方法を作り出した。オブジェクトの縮小拡大、色を変える、さらに形を完全に変えることもできる。MITの化学の准教授Jeremiah Johnsonはこう説明する: “その素材は、一

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加