極上のふわふわ食感のたまごかけごはんが作れるタカラトミーアーツの『究極のTKG』

極上のふわふわ食感のたまごかけごはんが作れるタカラトミーアーツの『究極のTKG』

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/16

タカラトミーグループのタカラトミーアーツは、日本の代表食〝たまごかけごはん〟をふわふわの新食感でつくることができる『究極のTKG』を10月26日から発売を開始する。希望小売価格は3500円。

日本の代表食のひとつ〝たまごかけごはん〟=TKG。この身近で簡単に作れる日本食を、まるで雲のようなふわふわな食感に仕上げる商品が登場した。シンプルながらも〝ふわる〟というひと工夫でいつもの〝たまごかけごはん〟をさらなる極上食感で楽しむことができる、それが『究極のTKG』なのだ。

No image

通常、生卵を混ぜトロっとした食感と共にさらさらと食べることが多い〝たまごかけごはん〟だが、『究極のTKG』を使えば、白身部分がメレンゲ状になったふわふわの状態を作ることができる。しかも自動で生卵を割るところから、すべてオールインワンで作れる構造になっているので、生卵さえあれば、いつでもふわふわな〝たまごかけごはん〟を食べられる。
しかも所要時間は5分かからず、朝の短い時間でもサッと作れるので、いつもより、プチ贅沢な朝食を手軽に楽しめる。

No image

『究極のTKG』

『究極のTKG』は卵をセットするところから始まる。すべてボタンを押すだけでできるので、卵の黄身と白身の分離など、少し気を遣う動作も失敗することなく作れるのだ。

No image

1.ストッパーをロックし、本体上部のエッグホルダーに生卵をセット。2.チョップボタンを軽く叩き生卵にひびを入れたあと、ストッパーのロックを外しホルダーボタンを押す。すると割れた卵の中身が落下し、黄身と白身が自動に分かれる。

No image

3.本体下部のホイップボタンを押して、白身のみをかくはんしながら泡立てる。

No image

4.お椀に盛り付けたごはんの上に泡立てた白身をかけ、その上に黄身を乗せて完成。

白身のかくはん時間によって、ふわ密度も変化。軽めの食感が好みの人は約1分で五分立てのサラサラ泡が、ボリューム感のあるしっかりとした泡が好みの人は約3分で十分立ての泡を作ることができる。さらに、なめ茸やイクラなどのお好みのトッピングを加えることで、バリエーションのある“たまごかけごはん”を味わえる。

製品情報

http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/tkg/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コンビニ3強時代に風穴を開ける「セイコーマート」のコスパがスゴイ!
からあげを最強にウマくする『からあげ三種の神器』2017年秋版
名店のつけ麺・ラーメンが500円!「ワンコイン大つけ麺博」新宿で開催--“食べ比べサイズ”で提供
『ペヤング やきそば』かと思ったら『ピーヤング 春雨』だったでござる! もはや “やきそば” でさえないけど激ウマ!!
【知ってた?】 イオンの『塩パン』が美味しすぎた / スーパーのパンなんて大したことないだろ...って思ってた過去の自分が恥ずかしいッ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加