「LDH PERFECT YEAR 2020」今市、登坂が列島に興奮着火

「LDH PERFECT YEAR 2020」今市、登坂が列島に興奮着火

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/09/23
No image

「PERFECT YEAR2020」のロゴ

EXILE、三代目J SOUL BROTHERSら人気グループが所属する芸能事務所のLDHが来年開催する、6年に1度の祭典「LDH PERFECT YEAR 2020」の概要が22日、発表された。1年間が4期間に区切られ、シーズン1「IGNITION」だけでも総観客動員が約100万人に達する。

「開幕の炎を燃やす」がテーマの「IGNITION」。まずはEXILEと、三代目のツインボーカル・今市隆二(33)&登坂広臣(32)が、1月中旬から2月末にかけて福岡、名古屋、大阪でドームツアーを回る。

EXILEは2001年のデビューから、数多く世に放ったシングルのヒット曲を中心にステージを構成。昨年ソロアリーナツアーを初めて回った今市と登坂は同一公演の中でそれぞれのソロライブを展開、“一挙両得”ツアーを敢行する。

BALLISTIK BOYZは、TRIBE史上最速のデビュー9カ月でのホールツアーが決定。THE RAMPAGEとE-girlsは、2月からアリーナツアーに臨む。

この日行われた、三代目の東京ドーム公演で、概要発表のVTRが流れると、ファン5万5000人から大歓声が上がった。今市は「自分と臣(登坂)でドームツアーが決定しました。2人で盛り上げていきたいと思います」と力を込めた。

シーズン2以降は、あふれる想像力が創造する「IMAGINATION」、無限の可能性を追求し続ける「INFINITY」、既成概念や国境を超越する「BEYOND THE BORDER」がラインアップ。年間300万人動員予定のお祭り騒ぎで、列島を熱狂させる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベック、リリースが噂される新AL『ハイパースペース』のアートワーク公開。レトロなデザインには日本の◯◯も登場
米倉涼子『ドクターX』いよいよスタート、主題歌収録のベスト盤リリース
世界文化賞の音楽部門受賞者、ムター氏「日本に恋をしています」
“魔法のような声”と亀田誠治も絶賛!注目のSSW・ロザリーナ、新曲「百億光年」を配信リリース
Made in Raga-sa、台風の影響で急遽「シグナル」MV公開を決行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加