目的地がどこか不明な航空券「どこかにマイル」、JALが6000マイルで提供

目的地がどこか不明な航空券「どこかにマイル」、JALが6000マイルで提供

  • ITmedia
  • 更新日:2016/11/30

日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は11月29日、羽田空港から日本国内の“どこか”の空港に、通常の半分以下の6000マイルで行けるサービス「どこかにマイル」を12月12日から提供すると発表した。JALマイレージバンク日本地区会員向け。

No image

どこかにマイル

通常は1万2000マイル以上かかる国内線の往復券が6000マイルで交換できるサービス。ただ、行き先の空港は、申し込み時に提示される4カ所の候補から、いずれか1カ所がランダムで決まる仕掛けだ。候補の組み合わせは何度でも選び直せる。

申し込みはJALのWebサイトから。利用日(往路搭乗日の1カ月前から7日前まで)、時間帯、人数(4人まで)を入力し候補を選んでおくと、3日以内に行き先決定の知らせが届くという。「これまで必要マイル数を満たせなかったユーザーの旅行機会を拡大し、地域活性化につなげたい」(両社)。

No image

通常の半分以下の6000マイルで提供

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
小田急電鉄「EXEα」30000形リニューアル車両試乗会2月実施、親子100組招待
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
燃油サーチャージ、10カ月ぶり復活へ 円安の影響
マクラーレンの新型スーパーカー、「ハイパー GT」...限定106台はすでに完売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加