猿之助、1月に舞台復帰も配役変更

猿之助、1月に舞台復帰も配役変更

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

松竹は6日、来年1、2月に東京・歌舞伎座で行われる「壽初春大歌舞伎」「二月大歌舞伎」の配役変更を発表した。当初は、昨年10月に負傷した歌舞伎俳優・市川猿之助の復帰舞台として、1月に三役、2月に一役務める予定だったが、1月は昼の部の「菅原伝授手習鑑 寺子屋」の涎くり与太郎に出演するのみとなった。日程は2日初日で26日千秋楽。

昼の部の演目である「箱根霊験誓仇討」の飯沼勝五郎を中村勘九郎が、滝口上野・奴筆助を片岡愛之助が代役を務める。

夜の部の「双蝶々曲輪日記」の放駒長吉・山崎屋与五郎は片岡愛之助が代役となる。

また「二月大歌舞伎」では昼の部「一條大蔵譚」のお京は片岡孝太郎が代役を務める。2月は1日初日、25日千秋楽。

猿之助は去る10月9日、新橋演舞場で「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」の公演中に左腕を骨折。公演中の10月30日、千秋楽の11月25日にサプライズ登場してファンを安心させたが、完全復帰を目指して今なおリハビリを続けているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前田敦子「顔が変わりすぎ」すれ違って分からないスタッフも
品川祐と“そっくりすぎる”愛娘
みやぞん、現場での悪評...挨拶せずタバコふかす、共演者に愛想なし
お笑い芸人、グラビア、イケメン俳優......テレビ業界人が暴露「1年もたずに消えた芸能人」
長澤茉里奈「旅ずきんちゃん」入浴シーンでFカップがエライことに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加