トム・クルーズ『トップガン』は空を飛ぶことへのラブレター!溢れる作品愛

トム・クルーズ『トップガン』は空を飛ぶことへのラブレター!溢れる作品愛

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/01/04
No image

製作としても大活躍のトム・クルーズ - (C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トム・クルーズの出世作『トップガン』(1986)の34年ぶりとなる続編『トップガン マーヴェリック』(7月10日公開)より、トムが共演者と熱心に打ち合わせをする姿を捉えたメイキング写真が公開された。

当時24歳だったトムは、型破りなパイロット・マーヴェリックを演じた『トップガン』で一気にスターダムを駆け上った。自身の代表作ということもあり、34年ぶりの続編にも並ならぬ思いがあるそうで「僕は空を飛ぶことを愛してやまない。『トップガン』は、空を飛ぶことへのラブレターなんだ」と作品を語る。

メイキング写真は、トムがコックピットに座る共演者のモニカ・バルバロと打ち合わせする様子を捉えたもの。トムは本作の製作にも名を連ねており、マイルズ・テラーら新キャストの耐G訓練をサポート。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーも「出演者はトムのおかげで耐G訓練を乗り越えられた」とメイキング映像でトムの手腕を評価している。

No image

夕日が似合うマーヴェリック - (C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

『トップガン マーヴェリック』では、エリートパイロット養成機関“トップガン”の教官として戻ってきたマーヴェリックの新たな物語がつづられる。前作でクールなパイロット・アイスマンを演じたヴァル・キルマーの続役も決定しており、30年以上の時を経たマーヴェリックとアイスマンの姿にも注目だ。監督は『オブリビオン』でトムとタッグを組んだジョセフ・コシンスキー。(編集部・倉本拓弥)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岩井俊二監督「不思議な説得力があった」『少女邂逅』韓国公開決定
エドワード・ノートンが監督・俳優の両立語るインタビュー映像解禁
劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」III.spring song予告編公開、いよいよ3部作完結
1月28日の注目映画第1位は『アントラム 史上最も呪われた映画』
同性愛者を体当たりで熱演!いま最もアツい演技派
  • このエントリーをはてなブックマークに追加