最新ランキングをチェックしよう
日本の医師は、オピオイドを積極的に処方すべき

日本の医師は、オピオイドを積極的に処方すべき

  • アゴラ
  • 更新日:2018/01/15

病気に伴う症状で、もっとも不愉快なものが「痛み」である。
頭痛、腰痛、歯痛、腹痛、排便痛、排尿痛などだ。
急性期だと、病気そのものを治療すれば、痛みも消滅する。しかし、慢性期になると、病気は治らない。慢性期では、痛みの制御がどうしても必要である。
ところが、慢性期の痛みを治療することに、医師は大して関心がない。たとえば、肩や腰や膝の痛みに対して、整形外科医は、ロキソニンを処方するだけである。鎮痛が

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【コロンビア戦のスタメン予想】ボランチで確定なのは...。「トップ下・香川」と断定できない理由は?
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
ついにきたマンション大崩壊。プロが指摘する恐ろしいローン地獄
篠田麻里子、松井珠理奈1位に「こんな日来るとは」
ニコ生主「暗黒放送の横山緑」こと久保田学さんが議員に 立川市議選で当選確実!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加