最新ランキングをチェックしよう
日本の医師は、オピオイドを積極的に処方すべき

日本の医師は、オピオイドを積極的に処方すべき

  • アゴラ
  • 更新日:2018/01/15

病気に伴う症状で、もっとも不愉快なものが「痛み」である。
頭痛、腰痛、歯痛、腹痛、排便痛、排尿痛などだ。
急性期だと、病気そのものを治療すれば、痛みも消滅する。しかし、慢性期になると、病気は治らない。慢性期では、痛みの制御がどうしても必要である。
ところが、慢性期の痛みを治療することに、医師は大して関心がない。たとえば、肩や腰や膝の痛みに対して、整形外科医は、ロキソニンを処方するだけである。鎮痛が

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
辻希美夫婦、赤ちゃんに「名命」? 第4子命名の色紙よく見ると...
梅宮辰夫、がん手術後のテレビ出演で見せた“激ヤセぶり”が話題! なぜかロバート秋山竜次へも心配の声が!?
「大恋愛」感動の最終回 尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)の“奇跡の瞬間”に「涙腺崩壊」の声殺到
学生時代にモテてた男の、現在の姿にショックを受けて...。小学校教諭が、週6日筋トレする理由
なぜ世界中の人が日本人とビジネスをしたがるのか―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加