実質約650円のドコモオリジナルAndroidスマホ『MONO MO-01J』、12月発売

実質約650円のドコモオリジナルAndroidスマホ『MONO MO-01J』、12月発売

  • Engadget
  • 更新日:2016/10/19
No image

ドコモは、同社初となるオリジナルブランドのAndroidスマートフォン『MONO MO-01J』を、12月上旬に発売します。実質の負担額は648円とリーズナブルな点が特徴。低価格でありながら、防水やVoLTEに対応、チップセットなどの性能も十分な仕上がりです。

なお、12カ月以内に機種変更すると、違約金として1万5800円が発生します。ドコモショップ店頭やドコモオンラインショップで予約を受付中。本体カラーは、White/Blackの2色。

【ギャラリー】MONO MO-01J (10枚)

『MONO MO-01J』は、ドコモブランドとして販売する、Android 6.0搭載のZTE製スマートフォン。ディスプレイサイズは約4.7インチ(1280×720ドット)で、マナーモードのオン・オフを切り替える物理スイッチや、ストラップホールも搭載しています。また、キャップレス防水やVoLTE、ハイレゾ音源再生にも対応。

No image

チップセットはQualcommのMSM8952(1.5GHz+1.2GHz駆動のオクタコア)で、RAMは2GB、内蔵ストレージは16GBです。サクサクと動くよう、チューニングも施されているとのこと。最大128GBのmicroSDXCカードを装着できるmicroSDカードスロットも装備しています。

カメラの性能は、アウトカメラの有効画素数は約1330万、インカメラは490万画素。

No image

本体の大きさは約136×約69×約8.8mm、重さは約138g。バッテリー容量は2440mAhで、平均的な利用方法で約80時間動作するとしています。

無線規格はIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.1をサポートし、おサイフケータイには非対応。対応周波数は、LTEが2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz、3Gが2GHz/800MHz、GSMが1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHzです。

また、別売で、ICカード入れ付きブックタイプケースも販売する予定です。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
モバイルにおけるクラウドストレージのシェアが判明、他を圧倒するダントツなサービスは?
中国、空の安全対策強化=旅客機は15分間隔で位置情報を報告―中国メディア
どこでも使えるボットが必要だ
家にあるリモコンをすべて投げ捨てて「eRemote mini」にしたい
JVC、カジュアルなWOODイヤホン「HA-FW7」 - ハイレゾ対応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加