【東京モーターショー2017】三菱はEVコンセプトカー『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』を公開

【東京モーターショー2017】三菱はEVコンセプトカー『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』を公開

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/12

三菱自動車は2017年10月25日(水)から11月5日(日)まで開催される第45回東京モーターショー2017において、これからの同社のクルマづくりの方向性を示唆するコンセプトカー『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』を世界初披露する。

また、来春の発売を予定している新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』(日本仕様)を日本初披露するほか、一般公開日では『アウトランダーPHEV』をはじめ国内で販売する主力モデルを含めた全12台を出品すると発表した。

『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』概要

No image

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT

『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』は、機動力に優れ多用途に応えるSUVを、三菱自動車の技術の粋を集めて進化させた、クロスオーバーSUVタイプの新世代ハイパフォーマンスEVとなる。同社が得意とするEV技術と四輪制御技術に代表されるSUVノウハウを融合・進化させるとともに、新たにAI(人工知能)技術を搭載することによって、どんな気象条件や路面状況でも、ドライバーの意思と高度に同調。意のままの安全で快適なドライビングを提供するという。

アクセルを踏めば気持ちよく加速し、ブレーキを踏めば不安なく減速。ハンドルを切ればイメージ通りのラインをトレースしていく。『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』は、そんなドライバーや同乗者の好奇心を呼び覚まし、行動意欲を駆り立て、一歩先へと踏み出す気持ちを後押してくれるクルマだ。

No image

新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』概要
『エクリプス クロス』は、スタイリッシュなクーペフォルムにSUVの機動力を融合させた三菱らしいクーペSUVだ。行動意欲をかき立てる個性的なデザイン、新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライビングフィールを特徴としている。

No image

エクリプス クロス

まず力強いパフォーマンスと人とクルマを守る安心感を表現した「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトをさらに進化させ、薄くてシャープなLEDヘッドライトとデイタイムランニングランプをフロントフェイス上部に配置。そしてターンランプとフォグランプを下部に配置することで、より精悍なイメージを表現するとともに、ターンランプの視認性を向上させている。

また、高い位置に配したワイドなリヤランプと前傾したリヤウインドウを上下に二分することによって、立体的で個性的なリヤスタイルを実現。また、チューブ式LED テールランプと中央のハイマウントストップランプが一直線に発光することで、幅広さと安定感を表現する。

インテリアは、ブラックとシルバーのモノトーンとし、水平基調のインストルメントパネルと立体的なシルバー加飾によって、スポーティでありながら上質な室内空間を創出。また、薄型のスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)、タッチパッドコントローラー、ヘッドアップディスプレイを搭載することで、運転席の先進感を高めている。

様々な情報を安全で快適に操作できるスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)、タッチパッドコントローラー、カラーヘッドアップディスプレイを搭載し、利便性と安全性を追求した。そしてアクセル開度や車速、車両の走行条件などから、後輪へ伝達するトルクを常に適切に配分する電子制御4WDを搭載。これにAYCブレーキ制御を追加した車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用し、ドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現。「AUTO」「SNOW」「GRAVEL」の3つの走行モードを設定し、センターコンソールに配置したドライブモードセレクターで選択できる。

関連情報

http://www.mitsubishi-motors.com/jp/innovation/motorshow/2017/tms2017/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱東京UFJ銀行の内紛...「三菱銀行」への改名説くすぶる
出玉規制の強化控えるパチンコ業界 倒産急増の予兆も
デジタル化の激流の中、大変身を迫られる物流企業
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
「所得連動型」奨学金の拡充で、高等教育負担の問題に対応せよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加