最新ランキングをチェックしよう
TMDUら、拡張型心筋症の病因が分子ばねタンパク質の発現に影響するしくみを解明

TMDUら、拡張型心筋症の病因が分子ばねタンパク質の発現に影響するしくみを解明

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/06/13

東京医科歯科大学(医科歯科大)は、拡張型心筋症の病因となるmRNAスプライシング制御因子RBM20の変異により、心筋細胞の分子ばねとして機能するタイチンタンパク質の発現が異常になる分子機構をつきとめたことを発表した。

この成果は、医科歯科大 難治疾患研究所フロンティア研究室(遺伝子発現制御学)の黒柳秀人准教授と同研究所分子病態分野の木村彰方教授の研究グループが、山口大学および米国インディアナ大学

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3Dプリンターで出力可能!脊髄損傷の機能回復に役立つバイオデバイスが開発される
木星の表面に現れる無数の「雲の帯」が作り出されるメカニズムの解明が進む
老化から若返りへ!?成長したヒト細胞の老化を逆転させることに成功(英研究)
わずか数ミリという極小サイズなのに世界最速の生物でもある「Spirostomum ambiguum」
「ブルーライト」で失明が早まる!?米トレド大学が発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加