売り切れ店も続出 『ごまアイス』に老舗の”ごま油”を加えたメーカーに聞く

売り切れ店も続出 『ごまアイス』に老舗の”ごま油”を加えたメーカーに聞く

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/06/13
No image

ごま油が入っている「謹製 コク旨ごまアイス黒」

ミニストップとクイーンズ伊勢丹で4月25日より先行販売されている小島屋乳業製菓の「謹製 コク旨ごまアイス黒」「謹製 なめらかごまアイス白」が評判を集めている。1個280円(税別)と、アイスクリームとしては安くない商品だが、SNSでは「超濃厚なのにクドすぎない」「味と量のバランスがちょうど良い」と満足度は高く、商品を探し求める声もある。このアイス、従来のものと違うのは、原材料にかどや製油の「ごま油」が使われていることだ。ごまアイスでも十分な気もするが、なぜさらにごま油を加えたのだろうか。開発元の小島屋乳業製菓 商品企画部課長 市倉さんに話を聞いた。

【写真】売り切れ店も!一見しただけでは「ごま油」が入っているかわからない「ごまアイス」の中身

■「ごま油」を足すことでよりヘルシーな印象を植え付ける
――なぜごまアイスに「ごま油」を加えることを思いついたのでしょうか。
【市倉さん】 ただ「美味しい」だけではなく、「カラダにも美味しい」をコンセプトにしたアイスを考えていました。そこで健康的な食材として認知度の高い「ごま」を使うことにしたのですが、さらにごま油を足すことによって、よりヘルシーなアイスとして認知度も上がるのでは…と考えました。かどや製油さんの商品は、業界でのシェアがトップで、150年以上の伝統の味と品質があります。ターゲットにしていた女性の認知度も高いため、コラボ企画商品の提案をさせていただきました。

――開発するにあたり、苦心した点があればお聞かせください。
【市倉さん】 ごまの風味を活かしながらも、アイスの滑らかさを保つことでしょうか。洋酒の種類と配合量、ごまペーストの白と黒のバランス調整など、さまざまな課題はありましたが、最終的にはかどやさん監修による試食会にて味を決定しました。

■スイーツ分野でリードする「ミニストップ」限定に
――ミニストップ、クイーンズ伊勢丹と販売店舗を限定した理由はなぜでしょうか?
【市倉さん】 ミニストップさんは創業当初から「ファストフード」を取り扱っており、中でもソフトクリームやパフェなどのスイーツ分野に強く、トレンドに敏感な女性客に支持されているコンビニエンスストアです。そういった意味で、ターゲットにしている層にも届きやすいのではと考えました。またクイーンズ伊勢丹さんは、ご存知の通り高級志向型・高品質商品の販売を軸とされているスーパー。今回のこだわりがつまったごまアイスの開発コンセプトと合致しているため、消費者の評価を得るチャンスが高いと判断しました。

――SNSでは「ゴマの風味が濃厚」「めちゃくちゃ美味しかった」など、その味を評価する声が聞かれます。ほかにも反響の大きさを伺えるエピソードがありましたら教えてください。
【市倉さん】 一般消費者の方々からの問合せの多さもさることながら、流通業のバイヤーさんや飲食関係の購買部の方々から、また業務用のバルク商品の問合せなども数多くいただいています。小さな会社ですが…皆様の手にお届け出来る様に生産量を増やし、継続販売していく考えでございます。

在庫が少ない状態になっていたこの「謹製 コク旨ごまアイス黒」「謹製 なめらかごまアイス白」だが、ミニストップでは、13日より品揃えを再開する店舗もあるとのこと(取り扱いは、茨城県・千葉県・神奈川県・愛知県・岐阜県・三重県および東京都・静岡県の一部店舗。店舗によって取り扱いが終了している場合もあるので注意)。最近ではアイスのほかにも、スナック菓子や煎餅にも加えられている「ごま油」。新たな「ヘルシー食材」として今後もスポットが当たりそうだ。

※ミニストップ、クイーンズ伊勢丹のほか、高知県内ではサニーマート、サンシャイン、エースワン、よどやドラッグ、愛媛県内ではセブンスター、香川県内では新鮮市場ママイ、スーパーピカソで取扱いがある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ペヤング超超超大盛GIGAMAX」こんなの反則でしょうが!
そば好きはチェック!ユーザー評価の高いそばの名店100選
ベトナム発の人気チョコレート!MAROU(マルゥ)の土産&スイーツ
【編集Fのテキトーつまみ】かにかま×食パンで★サクサクかにパン
販売100万本突破! やまや「めんたいチューブ」リニューアルで大ヒット、その理由とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加